腸閉塞後の食事の注意点

回復するまでは絶食が基本

腸閉塞後の食事ではどんなことに注意しなくてはならないのでしょうか?

 

一般的に腸閉塞の場合、高齢者の方は特に食べ過ぎや便秘になってしまうこともあり、それが原因でまた腸閉塞を発症する危険性があるのです。

 

腸閉塞になってしまうと腸の内容物が腸の中に停滞してしまうので、激しい腹痛や嘔吐などが出ます。

 

それだけ腸に負担がかかる病にかかった後なので、悪化させないためには腸閉塞が完全に回復するまでは極力食べたり飲んだりすることを控えましょう。

 

しかし、完全に絶飲食になってしまうと今度は身体のエネルギーとなる必要な栄養が不足してしまうので脱水や栄養状態が心配されます。

 

このような状態を避けるためには、点滴や中心静脈栄養を取り入れながら回復を待つ方法もあるようです。

 

この中心静脈栄養とは鎖骨や首にある大きめの血管から点滴通し身体に直接栄養を送る方法です。

 

消化の良い食事を心がけること

 

特に腸閉塞の治療後は、体により消化の良いものをとることが大事なので、固いものや冷たいもの、腸に長く留まるものはなるべく摂らないように気を付けましょう。

 

特にアイスクリームは消化が良いように思われますが、一番避けなくてはいけない食べ物です。

 

また海藻類や食物繊維は摂らない方が安全ですが、全く摂らないのも健康状態によくないので、細かく刻んで加熱したものを食べるようにしましょう。

 

しかし、ゴボウ、キノコ類、サツマイモ、コンニャク、イカ、貝類などはなるべく摂らないようにしてください。

 

サツマイモはふかした後に濾して巾着型に丸め、食物繊維もなるべく細かくして食べる分には問題はありません。

 

特に野菜の中で摂った方が良いものは大根がおすすめで、大根はとても消化が良い食べ物であり、煮物にしたり色んな食べ方ができます。

 

極力野菜を摂る時はこのように煮物にしたり、野菜スープにすることをおすすめします。

 

あまり生野菜は食べない方が良いので、再発防止のためには火を通したものが良いとされています。

 

またこんにゃくは一見消化が良い食べ物のようですが、実際にはとても消化が悪く腸に負担がかかりやすいものなのでなるべく摂取しないようにしましょう。

 

お肉類は牛肉ロース、ばら肉、豚肉の脂身、鶏皮、ベーコンなどを含む油脂は腸の負担になるケースが多いので気を付けましょう。淡白なササミなどを取り入れることで脂分も少なく、しっかりお肉を摂れるのでおすすめです。

 

退院の際に食べてはいけない食品リストなどを貰ったり、医師から注意されることもあるので説明をよく聞きましょう。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ