すぐに治療が必要な腸閉塞

腸閉塞とは腸内で食べ物や便が詰まることを言い、うまく排泄できなくなってしまう病です。

 

その原因の1つには腸の一部が細く狭くなってしまい食べ物が通過しなくなってしまうのです。腸閉塞は重病でありすぐに医療機関での治療が必要となってきます。

 

まれに先天的な問題で胃や十二指腸が閉塞して起こる場合もあり、小さいお子さんでも生後間もなくして腸閉塞により亡くなってしまうこともあります。

 

代表的な初期症状

腸閉塞の前兆には胃から腹部にかけて膨らみはじめ、腸がぱんぱんに膨れてくる症状がみられます。

 

腸閉塞の初期症状で代表的なのがこの膨満感なのですが、本当にお腹全体が膨れているという感覚になります。

 

あまりご飯を食べてもいないのに膨満感が出てきたり、お腹全体が張っている場合は要注意です。

 

腸閉塞が進行している症状でもあるので、膨満感は初期症状の頃よりもだんだん膨れてくる場合があります。

 

人から見てもハッキリとお腹の膨らみがわかるほど目立ちます。

 

そして張りが出てくるとしばらくしてお腹の痛みが出てきます。

 

そして次に急な腹痛が起きてきて、突然のお腹の痛みや強い腹痛が現れ始めます。

 

最も多い初期症状の中には疝痛という腹部の激しい痛みが特徴的です。

 

まるでナイフで刺されたかのような激しい腹痛を伴うので普通の腹痛ではないような痛みです。

 

それはずっと続く痛み方ではなく、刺すような腹痛でのたうち回るほどの激痛です。

 

腸閉塞の場合初期症状でもとても強い痛みが出るので、少しずつ痛くなる腹痛ではなく突然激痛が現れるのです。

 

痛みが引いたり痛くなったりという波があり、症状が出るとその場で何もすることができず倒れてしまう人もいます。

 

もしも腸閉塞に限らず突然お腹に激痛が走った場合、何か深刻な病気であることが多いので、軽くみずにすぐに医療機関に行きましょう。

 

嘔吐が伴うことも多い

またお腹の痛みの次には胃がキリキリしたりギューっとした痛みが出てしまい嘔吐する人もいます。

 

腸閉塞の中で最も多い症状が腹痛と嘔吐なのですが、腸が詰まってしまい下からものを排出できなくなってしまうので逆流させてしまうのです。

 

嘔吐の場合、食べ過ぎや風邪など初期症状と似ているので混同してしまいがちで、腸閉塞を見逃してしまう危険性もあります。

 

しかし腸閉塞の場合だいたい30秒ごとに強烈な痛みと弱い痛みが交互に出てくるようです。

 

腸閉塞になりやすい人は生まれつき腸の配置がずれていたり、ゆがんでいる人が多く、また小さい頃から便秘気味の方は危険度が上がってしまいます。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ