腸閉塞はストレスも原因に

ストレスが原因の機能性腸閉塞

腸閉塞が起きる原因には様々なことが考えられますが、過去に開腹手術を受けたことがある人や、腸管に炎症が起きてしまい癒着を起こす場合に起きます。

 

大腸がんなどの腫瘍が原因で腸管が狭くなる場合もあり、異物を誤って飲んでしまったり消化しない食べ物を摂った時に生じる機械的腸閉塞もあります。

 

ストレスで腸閉塞が起きてしまう人もいますが、それは腸管に運動障害が起きていることで起こってしまうと言われています。

 

このようなストレスが原因で起こってしまう腸閉塞を機能的腸閉塞と呼びますが、初期症状としては排便できなくなったり、ガスも出なくなってきてしまいます。

 

そして腹痛や嘔吐、腹部膨満感も出てくるので腸閉塞を放置してしまうと、最悪のケースでは命にかかわることも起きてしまいます。

 

ストレスというのは消化器系にとても大きな影響を与えるので、なるべくストレスを発散しながら生活を送りましょう。

 

腸閉塞は腸で引き起こされるものなのでストレスと深い関わりがあり、更に不規則な生活などが重なると腸閉塞に繋がってしまいます。

 

特に今の時代は仕事が忙しく、食事や睡眠もあまり摂れていない人が多いため、偏った食事から体調を崩す人も増えています。

 

100パーセント規則正しい生活を送るのは困難ですが、なるべく気を付けるようにするのが腸閉塞への一番の予防策だと言えます。

 

ストレスは現代社会ではなかなかこのストレスと付き合っていくことが難しいのですが、仕事やプライベートでも常にストレスを溜めていると発散法を見失いがちです。

 

ストレスというものは当然目には見えませんが、実際には自分でも気づかないほど体に負担をかけてしまっています。

 

またストレスから生じる活性酸素は様々な現代における病気の原因になるものなのですが、これは本来無害な酸素でもあるのですが、それが活性化してしまうと有害物質になってしまいます。

 

体内の色んな器官に悪影響を及ぼしてしまうのですが、特に腸への影響がかなり大きいということが分かっています。

 

ですから腸内環境が悪化してしまうので最終的には腸閉塞になってしまう人も多いのです。

 

また腸閉塞の手術を受けた患者さんは日頃から家庭においても職場においてもストレスだらけだったという人が多いようです。

 

腸閉塞にならないために基本的にはストレスと日々上手に付き合っていくことが大事です。

 

まずはストレスを感じたら溜め込まず、周りに相談したりストレス発散できる趣味や好きなことを見つけることも大切なのです。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ