腸閉塞の死亡率

腸閉塞は軽く見てはいけない病気

便秘は女性ではよくあることですし、ましてやダイエットやストレス、環境の変化が原因でも簡単に起こることなのでそのうち治るだろうと放置してしまう人もいます。

 

しかし便秘というのはあなどれないもので、便秘が悪化してしまうと腸閉塞に発展することもあるので要注意なのです。

 

大腸ヘルニアや大腸ガンが原因で腸閉塞を発症してしまうケースも多いのですが、便秘の末期状態で腸閉塞になることもあります。

 

実際には腸閉塞は軽く見られがちな便秘で起きることが多い病気なのです。

 

多くのケースでは突然発症する病気なので、急に激しい腹痛や吐き気、嘔吐、お腹の張りが出ることが特徴です。

 

疝痛発作などと呼ばれますが、腹部の激しい痛みが現れ始め、時間が経つと和らぐ場合もありますが、また同じように痛みが出るという繰り返しの腹痛が特徴でもあります。

 

実際には腸閉塞で死亡してしまう人も多く、腸が締めつけられて血流も流れなくなってしまい腸が壊死した状態となってしまうからです。

 

腸閉塞の状態とは通常ならば食べた物や消化液が小腸・大腸を問題なく通り抜け活動しますが、腸閉塞になってしまうと小腸や大腸で停滞してしまうのです。

 

腸閉塞の死亡率というのは6〜7%なので数字にするとさほど多くはないのですが、実際には腸閉塞でこれほど多くの方が亡くなっている事実に驚く人もいるでしょう。

 

死亡原因で最も多いのは腸閉塞で便が溜まりすぎてしまい死亡してしまう人や、嘔吐の症状で亡くなってしまう人がいます。

 

嘔吐物が喉に詰まったことで窒息死してしまう人もいるので、このようなことが重なり腸閉塞で亡くなられた方も実際には多いのです。

 

腸閉塞になると腸が詰まってしまうので腸内でガスや腸液が発生し、そのすべてが排出できない状態となり、徐々に溜まってしまい腸が膨らんでいきます。

 

その結果、腸内が膨らむことで腸管が壊死してしまったり、腸に穴が開いてしまうので激しい腹痛が現れます。

 

そのため腸閉塞になった場合は、早めの判断と処置を行わなければ最悪の場合は死ぬに至ることもある恐ろしい病気なのです。

 

そして最も腸閉塞になりやすい人の特徴としては、重度の便秘の方は将来的に腸閉塞になるリスクがあると言っても過言ではないのです。

 

また慢性化したり重症化した便秘を放置しておくと死亡してしまうこともあるので、たかが便秘と思わず便秘対策を行ったり病院へ検査しに行くことが大事です。

 

病気の中でも黒い便がでてきて、便秘も悪化している場合、大腸がんの可能性もあるので早めの検査が必要になってきます。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ