腸閉塞の再発を予防

便秘改善で腸閉塞の再発予防!オリゴ糖の力をご紹介

カイテキオリゴ糖

 

腸閉塞(イレウス)とは、腸内で食べ物が詰まってしまい、消化と排泄ができなくなる病気です。

 

しばらく放置すると、重症化し、場合によっては死に至ることもあるほど重病であるため、腸閉塞(イレウス)の疑いがある場合には、すぐに病院で検査を行うことをおすすめします。

 

また、腸閉塞(イレウス)の特徴は、一度かかってしまうと、完治しても再発がしやすいこと。

 

再発しないためには何より心がけなくてはならないのが便秘を解消することです。

 

便秘対策はいろいろありますが、中でも、オリゴ糖を生活に取り入れることで手間をかけず、簡単に改善ができます。

 

本記事では、腸閉塞(イレウス)の再発予防のための一つの対策である「オリゴ糖」の力をご紹介します。

 

なぜ便秘がよくないのか?

 

カイテキオリゴ糖

 

まずは、なぜ便秘が体に悪影響を及ぼすのかについて説明します。

 

便秘は、腸内で悪玉菌が繁殖してしまう結果です。

 

数日便が出ないことがあると、もう無理だ!とつい放置してしまう経験ありませんか?

 

便秘はとても危険なので、待たずに早めに対処しましょう!

 

1. 栄養の吸収における障害がでる

 

腸内には、悪玉菌と善玉菌の2種類の菌が共存して暮らしていますが、この腸内細菌のバランスが悪く、悪玉菌が善玉菌より多くなると、せっかく食事から摂った栄養を上手に吸収できなくなってしまいます。

 

同時平行で、おならとなるガスや発癌性物質も誕生します。

 

便秘が日常茶飯事である方は、悪玉菌が活発である印です。

 

このまま何もしないでいるのは健康被害に繋がります!

 

2.  癌が発生しやすくなる

 

便が長期間腸内に溜まっていると、悪玉菌が増え、体にとって有害である活性酸素や発癌性物質が生まれます。

 

この物質により、腸の粘膜が破れ、大腸癌や大腸ポリープなどの病気が発生します。

 

従い、便秘はこれらの疾患と直結しているのです。

 

腸内環境の改善は、オリゴ糖、食物繊維、乳製品などを多く取り入れることがキーとなります。

 

3. 血液の汚れを促す

 

体の中に溜まっている老廃物は、便秘より体全体に広がります。

 

老廃物は便の中に潜んでおり、長期間腸の中で放置されていると、腐敗が起こります。

 

腐敗により悪玉菌が増え、上記でご説明した体にとって有害となる物質が誕生します。

 

この物質は、腸の壁から外の血管の中で入り、血液とともに、全身の細胞へと流れていきます。

 

汚染された血液は、身体の代謝を悪化させる、体調不良を招く(疲労感、貧血、めまい)や肌荒れを起こす原因となったり、腸だけではない様々な病気の起源となるのです。

 

綺麗な血液=健康をと美という意識を忘れないでください!

 

4. 免疫力を下げる

 

腸は体の中での重要な免疫器官です。

 

風邪やインフルエンザ、それ以外のばい菌、日々体内で作られている癌細胞から体を守ってくれる役割を担っています。

 

実は、身体の全免疫細胞の60〜70%が腸に含まれているのです!

 

従い、人間の健康は腸の状態によるということです。

 

頻繁に風邪をひく方やアレルギー体質の方は、腸内環境が悪いため、免疫が低いことが想定できます。

 

ビフィズス菌を活性化してくれるオリゴ糖を取り入れることで腸内のお掃除をすることができます。

 

5. 老けやすい体になる

 

肌ツヤが悪い方、頻繁にニキビがでる方、実年齢よりふけて見られる方は腸内環境が汚染されている可能性が高いです。

 

便秘=腸内の汚染→免疫力の低下し→腸の老化→全身の老化、といった悪のスパイラルのターゲットになっているとのことです。

 

お医者さんは、便を見れば、その人の腸内細菌の状態、つまりは健康状態がわかります。

 

理想的な便は、色が黄色く、形がバナナ状で匂いが臭くないものです。

 

硬く黒く悪臭を放つ便が出たら、既に腸の老化が始まっているかもしれません。

 

自分の便が気になる!という方は、オリゴ糖、野菜からの食物繊維、乳製品を生活に積極的に取り入れて改善をしましょう。

 

便秘にならないためには?生活習慣を見直そう!

 

カイテキオリゴ糖

 

便秘にならないためのポイントをお伝えします。

 

1. 規則正しい食生活

 

朝昼晩の3回決まった時間に、バランスの良い食事をとりましょう。

 

食事を抜いたり、間食するはよくありません。

 

なるべく食事の間は6時間おき、胃腸を休ませてあげましょう。

 

2. 食生活を見直す

 

1日3食バランスのよいメニューの食事と水分補給(1日最低2L)を心がけましょう。

 

便秘対策におすすめの食材は下記です:

 

乳製品:ヨーグルト
発酵食品:納豆、味噌
海藻類:ひじき、わかめ、海苔
野菜:ごぼう、れんこん、かぼちゃ、さつまいも、里芋、長芋、オクラ、たけのこ、しめじ、エリンギ、しいたけ、セロリ、ブロッコリー、モロヘイヤ、そら豆、枝豆
果物:バナナ、キウイ、オレンジ、アボカド

 

こちらに1日10gのオリゴ糖を足してあげることで、腸内の善玉菌が増え、便が柔らかくなり、出やすくなります。

 

3. トイレタイムをおろそかにしない

 

1日の間で便意がくる瞬間はさほど多くありません。

 

1日のうちに決まった時間にトイレタイムを作ることが効果的です。

 

朝食とらず、ばたばたと出かけてしまった結果、トイレタイムが取れなかった・・・この習慣は卒業しましょう。

 

なぜオリゴ糖が便秘を解消させてくれるのか?

 

カイテキオリゴ糖

 

オリゴ糖が便秘を改善してくれるプロセスはとても分かりやすいものです。

 

オリゴ糖を食べることで腸内の善玉菌が繁殖する→腸内環境がよくなる→便秘が改善する

 

オリゴ糖は、胃と小腸で消化がされにくい成分を含んでいるため、ストレートに大腸にたどり着きますが、大腸にはたくさんの菌の住み家です。

 

善玉菌はオリゴ糖が大好物なので、むしゃむしゃと食べ、乳酸や酢酸などの酸を発生させることで、腸内環境がよくなります。

 

カイテキオリゴ糖

 

実はこの酸はもともとは腸内にはないものであり、体が「異物」としてとらえ、一刻も早く体外に排出しようとします。

 

そこで、ぜん動運動がが起こり、便意を感じてくるというわけです。

 

ビフィズス菌と相性がよい種類のオリゴ糖を摂取することが大事!

 

本記事では何度も「オリゴ糖」というキーワードが出てきましたが、オリゴ糖の種類によって、善玉菌と相性がよいものもあれば悪いものもあります。

 

オリゴ糖の摂取方法は、バナナや大豆などの食品を食べる、乳酸菌やビフィズス菌が配合されたヨーグルトを飲む、サプリメントを摂るなど、方法は様々ですが、どの食品がどのオリゴ糖を含んでいるのかは普通の人にはわかりません。
(もちろん、研究論文などをもとにじっくり研究すればわかるかと思いますが・・・)

 

そこで、医学が素人でも、簡単に間違いなくオリゴ糖を摂取する方法に、複数のオリゴ糖が組み合わさっているサプリメントを毎日一定量飲むことがあります。

 

私は、これまでオリゴ糖について数多くの書籍を読んだり、自身でいろいろなサプリを試してみた結果、「カイテキオリゴ」が最もメリットが多い商品だと感じました。

 

カイテキオリゴの詳細・公式サイト

 

カイテキオリゴ糖と実際買ってみた

 

現在市場で出回っているオリゴ糖サプリの中で、「カイテキオリゴ」には最も多くのオリゴ糖の種類(6種類)が配合されているだけではなく、オリゴ糖の純度も最も高く(100%に近い)、不要な添加物も使用していません。

 

■カイテキオリゴ

味・飲みやすさ 粉タイプであり、甘みも控えめであるため飲みやすい
オリゴ糖の純度 約100%
オリゴ糖の種類 6種類
添加物の使用 不使用(原料は全て天然成分)
値段 単品:2,838円+税、定期:2,412円+税 /1ヶ月分
詳細 カイテキオリゴの詳細・公式サイト

 

■他社

味・飲みやすさ 粉タイプ、液体タイプともにあり、甘みが強い
オリゴ糖の純度 10%〜55%
オリゴ糖の種類 1〜5種類
添加物の使用 砂糖、酸味料、ゲル化剤(増粘多糖類)、香料、甘味料
値段 1,028円〜4,800円+税 /1ヶ月分

 

これらの理由で、「カイテキオリゴ」は現在日本のオリゴ糖市場で売上no.1を誇っています。

 

オリゴ糖のサプリを試してみたいけど、どれがいいのかわからない!という方は、「カイテキオリゴ」を1つの強い候補として視野に入れてみたくださいね。

オリゴ糖の摂取量はどれくらいがいいのか

 

オリゴ糖の効果的な摂取量は、個人差がありますが、最低1日1〜2g、最高1日15gほどです。

 

一般的なオリゴ糖でいうと、1日10gが目安ですが、「カイテキオリゴ」はオリゴ糖の純度が高いため、1日5gに留めておきましょう。

 

食べすぎすと、体質や体調によって下痢を起こしてしまうことがあるので、要注意です。

 

なお、10gでもなかなか効果が出ないという方は、一度にたくさんのオリゴ糖を摂取するのではなく、数回に分けて5gずつ摂るなどの工夫をすることも可能です。

 

ポイントは、毎日継続して一定量を食べることです。

 

オリゴ糖生活をスタートした方のブログを見ると、だいたい3週間後から効果が現れ出し、快便になってきたことが書かれています。

 

食べ合わせについて

 

カイテキオリゴ糖

 

オリゴ糖は腸内に住んでいる善玉菌の餌になり、腸内環境の改善に役立つため、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が多く含まれている食品と一緒に摂るのが効果的です。

 

乳酸菌が多い食品の例は、ヨーグルト、味噌、納豆、キムチなどの発酵食品です。

 

定番は、朝食のヨーグルトに入れること。(効果を最大限にさせるためには、ヨーグルトに更にバナナときな粉を追加するとナイスです!)

 

カイテキオリゴ糖

 

また、味がさほど強くないので、牛乳、豆乳、ジュースなどに入れても美味しく飲むことができます。

 

(ただし、オリゴ糖+牛乳のコンビネーションは、お腹が緩くなることがありますので、ご注意を!←私はそうでした。)

 

余談ですが、よくテレビで、長寿命の秘訣として何を食べればいいの?について医者が発言をしていますが、やはり、オリゴ糖を微量に含んでいるヨーグルト・味噌・納豆のこの3品は毎日必ず食べてください、という回答が出てきます。

 

太らないか心配!

 

オリゴ糖は、甘みが砂糖より弱く、カロリーは半分以下です。

 

砂糖のカロリーは100gで約384kcalです。

 

乳糖オリゴ糖の種類であるガラクトオリゴ糖、ラクトスクロース、大豆オリゴ糖、キシロオリゴ糖などは100g=約200kcalです。

 

オリゴ糖はほのかなでさわやかな甘みを持つので、飲みやすいの特徴。

 

血糖値が気になる方も、オリゴ糖が体内のコレステロール値を下げるというのが実証されているので、安心して摂取することができます。

 

オリゴ糖は小腸で吸収されにくい糖質であり、GI値が低く、血糖値を正常化させる作用が研究結果により報告されています。

 

まとめ

 

自分の健康は自分で守る!とうことで、便秘に悩んでいる方はまずは腸内環境の改善に励んでみてください。

 

今からでも遅くありませんよ!

 

カイテキオリゴの詳細・公式サイト