腸閉塞の再発を予防

腸閉塞の予防・対策とオリゴ糖の関係

カイテキオリゴ糖

 

腸閉塞(イレウス)とは、腸にできた腫瘍や慢性的な便秘などの消化不良が原因で、小腸・大腸がふさがったり、お互いに癒着したりして、飲食物が腸を通ることができなくなる症状のことを言います。

 

食事が通過できない=消化ができなくなるため、食べた物がどんどん腸に溜まっていき、腹痛、吐き気、嘔吐など、苦しい容態が続きますが、治療を拒むと悪化し、末期にさしかかると最終的には死に至ることもあります。

 

腸閉塞(イレウス)と診断された場合、早期発見のケースではしばらくの間の絶飲食すれば自然に治り、状態が酷い場合には開腸手術を通じて完治しますが、その大きな特徴は、一度かかってしまうと再発がしやすいということです。

 

腸閉塞(イレウス)は、赤ちゃんや若者から高齢者と幅広い世代を攻撃しますが、では、この病気を予防するためには?また、実際にかかってしまった後、再発を防止するためにはどのような対策をとればいいのか?を知り、日頃から正しい生活習慣(栄養管理)を心がけることが大切です。

 

なお、腸閉塞(イレウス)の予防と対策で最も大事なことは、便秘を改善することです。

 

便秘の改善策としては、食物繊維を豊富に摂ったり、水をたくさん飲んだり、適度な運動をしたりなどいろいろな方法がありますが、その中でも、効果的だと言われ、多くの人が実施しているのが、オリゴ糖の摂取です。

 

腸に関係する本や雑誌では、必ずオリゴ糖についての紹介が出てくるほど、腸内環境を整えるために重要となる成分なのです。

 

オリゴ糖は、例えば、バナナ、とうもろこし、大豆、味噌など、私たちが毎日食べている自然界の食材に含まれていますが、食品からだけは十分な量を摂取するのが難しいので、市販(スーパーやドラッグストア)や通販で販売されているサプリメントと兼用して利用することが役立ちます。

 

しかし、数多く販売されているオリゴ糖サプリの中でどれを選べばいいかわからない・・・!

 

このような方向けに、オリゴ糖のおすすめとそもそもオリゴ糖とは何なのか?なぜ腸内環境にいいのか?について解説をします。

 

実際に試したおすすめのオリゴ糖(通販・市販)

 

私も、実は、長期間にわたり便秘に悩まされてきて、これまで複数社のオリゴ糖を取り寄せ、実際に体験してみましたが、最も効果がよく、質と安全性も高いと判断したのが、カイテキオリゴ(通販)でした。

 

カイテキオリゴ

 

カイテキオリゴ糖と実際買ってみた

 

なぜカイテキオリゴがいいのか?

 

他社のオリゴ糖と比較して、カイテキオリゴはメリットが多い商品と言えます。

 

■カイテキオリゴ

味・飲みやすさ 粉タイプであり、甘みも控えめであるため飲みやすい
オリゴ糖の純度 約100%
オリゴ糖の種類 6種類
添加物の使用 不使用(原料は全て天然成分)
値段 単品:2,838円+税、定期:2,412円+税 /1ヶ月分
詳細 カイテキオリゴの詳細・公式サイト

 

 

■他社

味・飲みやすさ 粉タイプ、液体タイプともにあり、甘みが強い
オリゴ糖の純度 10%〜55%
オリゴ糖の種類 1〜5種類
添加物の使用 砂糖、酸味料、ゲル化剤(増粘多糖類)、香料、甘味料
値段 1,028円〜4,800円 +税/1ヶ月分

 

カイテキオリゴ糖と実際買ってみた

 

オリゴ糖自体は体に良いですが、メーカーによっては、純度が低かったり、味を整えるために合成甘味料などの添加物を添加していますが、せっかく摂取するオリゴ糖でも、質がよくないと十分な効果が得られません。

 

しかし、カイテキオリゴは純度や安全性が業界一であり、加えて、粉タイプ・すっきりした甘みなので飲みやすいのが特徴で、国際的にも高い評価を得ています(国際品評会モンドセレクション4年連続で最高金賞を受賞)。

 

安全性が高いということで、妊婦さん赤ちゃん高齢者の方も使えます。

 

このような利点があり、カイテキオリゴは現在オリゴ糖市場で売上no.1を誇っています。

 

値段は、1回きりの単品注文で2,838円+税、定期注文で2,412+税 (1ヶ月分)(+送料)となりますが、オリゴ糖サプリの市場の中では中くらいの価格帯なので、出費的にもリーズナブルです。

 

初回限定のお試し定期便は2,554円+税+送料(1ヶ月)であり、結果に満足しなかった場合、全額返金・返品ができるのも、試しやすいというのも嬉しい特徴だと思います。

 

バランスが良く、質が高い商品なので、口コミ・評判でも高い評価を得ています。

 

私が実際に試してみた感想としては、飲んだ数十分後、お腹が張ってきて、おならが出るようになってから、便がしっかり出てくれるいった即効性があり、個人的には効き目がよく、満足できました。

 

オリゴ糖とは?

 

カイテキオリゴ糖

 

オリゴ糖は、腸内環境を整えるために有効な栄養素として、厚生労働省から「特定健康用食品(トクホ)」として認定されています。

 

オリゴ糖は、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)などの単糖がふたつまたはそれ以上結合した成分であり、フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、キシロオリゴ糖、大豆オリゴ糖など、数多くの種類が存在します。

 

なぜオリゴ糖が今注目を浴びているのか?

 

その理由は、オリゴ糖は、小腸で吸収されないまま大腸までたどり着き、腸内の善玉菌を増やしてくれ、そのおかげで腸内環境な整い、数多くの腸の病気(大腸がん、腸閉塞、クローン病、逆流性食道炎、腹膜炎)を防止してくれるためです。

 

オリゴ糖のおかげで腸内の善玉菌が増える!

 

カイテキオリゴ糖

 

腸内の善玉菌はビフィズス菌と呼ばれており、オリゴ糖にはこちらのビフィズス菌を増やしてくれる作用があります。

 

実際に、約2週間オリゴ糖を摂取し続けた結果、腸内のビフィズス菌の数が10倍〜100倍に増えたといった研究結果もあります。

 

オリゴ糖がビフィズス菌を増やしてくれるのは、人間の小腸が分解できない酵素を成分として含んでおり、摂取してから消化吸収されないため、大腸まで達してくれるためです。

 

オリゴ糖は、善玉菌の栄養源であり、腸に入った際に発酵し、その結果酢酸などの有機酸を作ります。

 

その酢酸により、腸内が酸性の方向に傾き、酸を嫌う悪玉菌が生育しなくなる結果、腸内環境が整うのです。

 

それから、腸を刺激してくれることで、腸が活発に動くようになり、便秘の解消や腸の病気の予防になってくれます。

 

更に嬉しい特徴としては、タンパク質の消化吸収を促したり、ミネラルの吸収を助けたり、脂肪代謝の改善をしたり、虫歯の由来となる虫歯菌を生育させないなどの作用もあります。

 

なお、「糖」と効くと、カロリーが高くないか?や血糖値が上がらないか?などを連想される方がいるかもしれませんが、オリゴ糖は、難消化性なので、摂取しても、血中のインスリンの濃度を変えずことなく、血糖値の上昇に至りません。

 

従い、オリゴ糖を毎日一定量食べても、太る心配はなく、むしろ、食べたものの消化がよくなるため、ダイエットに繋がるということです。

 

オリゴ糖の10の作用

 

1.便秘の改善

 

多くの人(特に女性)が悩んでいる便秘とは、腸内で便が硬くなり、数日にかけて排便がない状態のことを指します。

 

健康的な人は、平均、1日1回排便をします。

 

便秘の改善策としては下記が代表的です:

 

@食物繊維を多く摂る
A水分を多く摂る
B運動をする
Cオリゴ糖を摂る

 

2.大腸ガンの予防

 

現在、日本人の中で一番多い死因ががんであり、その中でも大腸がんは上位を占めています。

 

東北大学の研究で、がん細胞を移植したマウスに、オリゴ糖が含んでいるビフィズス菌を摂取したところ、ビフィズス菌が与えられなかったマウスと比べて、25%〜47%が生き残ったという報告があります。

 

ビフィズス菌ががん細胞を抑制してくれることがわかりました。

 

3.血糖値、動脈硬化、脳卒中、心臓病などの病気や肥満を予防する

 

慶應大学では、オリゴ糖がコレステロール値を下げるという結果が報告されています。

 

オリゴ糖を摂取することで、腸の動きが活発化し、食べたものの消化過程が早まるため、糖分が吸収されにくくなります。

 

コレステロール値が下がる=高血圧、動脈硬化、脳卒中、心臓病に合わせて、肥満などの危険性が減ります。

 

現在、日本では、食事の欧米化などが原因で、生活習慣病の患者が増えていますが、毎日オリゴ糖を摂取することで簡単に生活習慣病の改善ができるのです。

 

4.肝機能を強化させる

 

肝臓障害の原因は、毒素が体内に溜まり、代謝が乱れてしまうことで、活性酸素という体にとって害である物質が発生するところにあります。

 

毒素が体内に溜まると、免疫力が低下し、肝臓障害を始め、がん、糖尿病、高血圧、動脈硬化が引き起こさるわけです。

 

ビフィズス菌は、解毒作用があるため、肝臓への負担が軽くなります。

 

実際に、肝臓の病気を患っている患者にビフィズス菌を投与したところ、便に含まれた有害物質が減少したという研究結果があります。

 

5.免疫力を高める

 

私たちは、日々の生活の中であらゆる細菌やウイルスと常に対面し、戦いながら生きていますが、免疫力が低下することで、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

 

3.にもあったとおり、免疫力は腸内の毒素と大きく関わっているため、オリゴ糖が含んでいるビフィズス菌を積極的に摂取することで、腸内環境を整え、免疫力を高めることができます。

 

6.アレルギーの改善

 

アレルギー持ちの人とその以外の人では、腸内環境が違います。

 

アレルギー持ちは、ビフィズス菌などの善玉菌が少なく、悪玉菌が多いことが研究結果として発表されています。

 

乳児のアトピー、食物アレルギー、喘息は、生後の腸内細菌の構成割合によって決まります。

 

母乳に含まれているガラクトオリゴ糖がアレルギーの発症を妨げてくれる役割がありますが、母乳の発症源である母も健康的な状態でないとなりません。

 

オリゴ糖は、赤ちゃんから妊婦さんや授乳中のママさん、高齢者まで、どの年代も必要としている大事な糖なのです。

 

7.老化を防止する

 

老化は、腸内に住む腐敗菌が作る毒素による慢性中毒であることが、ロシアの研究でわかっています。

 

腸内腐敗を防止してあげれば老化の進行を抑制することができます。

 

オリゴ糖は、腸内の腐敗菌の発生を抑え、善玉菌を増やしてくれるので、老化を遅らせることができます。

 

8.美肌効果がある

 

綺麗な肌は、便秘と関係しています。

 

便秘症の人は、肌あれやニキビになりやすいです。

 

肌荒れに悩む人の腸の中には、たくさんの悪玉菌があるので、オリゴ糖を摂取し、ビフィズス菌を増やすことで、美肌効果を獲得することができます。

 

9.更年期障害の改善

 

更年期障害は、ホルモンバランスの乱れによって起こる冷え性、めまい、発熱、発汗など症状を指し、40代からの女性を中心に襲います。(男性もなることがあります。)

 

オリゴ糖を摂取し、善玉菌を増やすことで、腸内環境が改善し、上記の症状が緩和されるという研究報告があります。

 

 

10.下痢を改善する

 

下痢、特に難治性の便秘に悩まされている方の腸内環境を調べてみると、やはりビフィズス菌が極めて少ないことが東京大学の研究でわかりました。

 

下痢の原因は、腸内にいる悪性の細菌の活動ですが、ビフィズス菌などの善玉菌が増えることで下痢の改善だけではなく、その先にある糖尿病や虫歯の予防にも役立ちます。

 

オリゴ糖の種類

 

オリゴ糖の主な作用は、腸内で善玉菌を増やしてくれることで、腸内環境の整理を促してくれることだとわかりました。

 

オリゴ糖は、サプリメントだけではなく、自然界の食材にも存在します。

 

種類:フラクトオリゴ糖
甘味度:砂糖に似た甘み
働き:便秘の改善、脂質異常症の改善、腸内のビフィズス菌増殖促進
含んでいる食材:バナナ、にんにく、ごぼう、玉ねぎ、アスパラガス、蜂蜜

 

種類:ガラクトオリゴ糖
甘味度:軽い甘み
働き:便秘の改善、たんぱく質の消化吸収促進、腸内のビフィズス菌増殖促進
含んでいる食材:母乳、牛の初乳

 

種類:キシロオリゴ糖
甘味度:軽い甘み
働き:便秘の改善、腸内のビフィズス菌増殖促進
含んでいる食材:とうもろこし、タケノコ

 

種類:ラクトスクロース
甘味度:砂糖に似た甘み
働き:便秘の改善、腸内のビフィズス菌増殖促進
含んでいる食材:砂糖入りのヨーグルトの発酵過程で作られる(微量)

 

種類:大豆オリゴ糖
甘味度:軽い甘み
働き:便秘の改善、腸内のビフィズス菌増殖促進
含んでいる食材:大豆

 

種類:イソマルトオリゴ糖
甘味度:強い甘み
働き:腸内のビフィズス菌増殖促進、虫歯予防
含んでいる食材:大豆、味噌、清酒、醤油、蜂蜜

 

種類:ラフィノース
甘味度:軽い甘み
働き:便秘の改善、腸内のビフィズス菌増殖促進、アトピーの改善、肝機能の強化、免疫力の向上
含んでいる食材:ビート糖蜜(サプリメントに含まれる)

 

日本で増えてきている生活習慣病を予防するために

 

生活習慣病(旧:成人病)の原因を作るのは、偏った食生活、運動不足、ストレス、飲酒、喫煙が主です。

 

その結果、肥満症、脂質異常症、高血圧症、糖尿病などであり、改善を試みない限り、がん、虚血性心疾患、脳血管疾患の3大疾患に形を変えます。

 

過去に、世界最寿命を誇っていた日本人は、食の欧米化、ストレスの多い社会環境、忙しさによる慢性的な運動不足などによって、近年では、生活習慣病が急激に増えています。

 

生活習慣病は毎日の生活の積み重ねであるため、若いうちから気をつけなくてはなりません。

 

オリゴ糖は、生活習慣病の予防に繋がる万能食であり、食品やサプリなどで無理なく簡単に取得することができるので、日常生活に取り入れることをおすすめします。

 

長生きを目指して!

 

日本には、長寿村である山梨の棡原(ゆずりはら)という地域がありますが、そこの住民は、大豆や麦などの雑穀類に加え、じゃがいも、里芋、こんにゃくなどの芋類と野菜を中心にした食生活を送っています。

 

棡原に住む人の腸内環境の研究を東京大学が行なったところ、ビフィズス菌をたくさん持っていたことがわかっています。

 

健康を維持し、病気にかからず、長生きをするためには、腸内の善玉菌(ビフィズス菌)をしっかり保っておくのが大切なのです。

 

まとめ

 

このようにオリゴ糖を毎日一定量摂取することで、健康維持とともに相乗効果としてダイエット効果も得ることができます。

 

普段飲んでいる水や朝食のヨーグルトに5〜10g混ぜるのみなので、決して日々の負担にはなりません。

 

是非実施してみてください!

 

オリゴ糖:カイテキオリゴの詳細を見る