腸閉塞の回復はおならが目安になる

おならや便が出れば安心

腸閉塞が治ったかどうかはおならや便が出れば、腸の通過障害は改善がされたというサインです。

 

手術を必要とする治療をする場合、おなかを切ることで新しい癒着を招いてしまう危険性もあり、新たなる腸閉塞を発生させる危険度も上がるため、通常は避けることが多いようです。

 

実際に腸閉塞になってしまうと、実はおならは少なくなってしまい、全く出なくなるとも言われています。

 

腸閉塞とは文字通り腸が何らかの原因で詰まってしまい正常な腸の働きを阻害してしまうのですから、やはりおならも出なくなるわけです。

 

そしておならと同時に便も出なくなってしまうために便秘になってしまうケースも多いのです。

 

では、おならが最近少なくなってきたから腸閉塞かも?と思うかもしれませんが、ただ単に腸の具合が良くない場合でも起こりうるので過剰な心配は必要ないでしょう。

 

しかし中にはただの便秘と思っていたら、実は腸閉塞だったということで入院しなくてはならない腸閉塞もあるので油断は禁物です。

 

では、なぜ腸閉塞になってしまうとおならが出なくなるというのかというと、腸の内容物が肛門側へ移動する機能が働かなくなってしまうので腸液や便、ガスなどが腸に充満してしまいます。

 

そうすると便やおならが排出されなくなってしまうので、腹痛や嘔吐、お腹の張りが目立つようになってきます。

 

そのような症状が現れた場合、急激に悪化してしまうケースもあるようなので早めに病院へ行き治療をする必要があります。

 

腸閉塞になった後にしっかりおならが出るか出ないかがとても重要な点でもあります。

 

それは腸内の蠕動運動が正常に動かなくなるため自力でガスを排出できなくなるのでお腹が痛くなります。

 

この状態を早期に解決することができれば通常通りおならが出せるようになり、腸閉塞が改善されたと判断されます。

 

また腸内に溜まったガスを外に出すことで腸が壊死することを予防できるので、腸閉塞後にしっかりおならが出ることは腸が回復してきたという証拠でもあります。

 

患者さんによっては腸の動きが良くなるように下剤を使用する人もいますが、元々腸が強い方は自力で排出することも可能です。

 

まずはそれを目標に腸閉塞の治療や手術を行っていくので、おならは健康な腸の目安ともなっています。

 

腸閉塞になってしまうと食事を取ることもできなくなり、場合によっては点滴だけで過ごさなくてはならないこともあります。

 

やはり人は美味しいものをしっかり食べることで幸せを感じるものなので、便やおならが正常通り排出されないと腸にも悪影響が起きるので、普段から便秘対策を取っておくべきです。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ