急性の腸閉塞で気をつけること

早めの治療が大切

突然腸がつまってしまう病気を、急性腸閉塞と呼びます。

 

名前は聞いたことがある人も多いと思いますが、実際にはどんな病気なのか知らない人も多いと思います。

 

急性腸閉塞になるケースとしては、癌などの隠れた病気がある場合もあるので、早めの検査と治療が大切になってきます。

 

急性腸閉塞とは、腸管が詰まってしまい、食べ物や排出物が肛門に上手く移動できない症状なのです。

 

通常人は食べたり飲んだりすると、胃や小腸、大腸を通過して消化され吸収されていき便として排出されます。そして唾液や胃液などの消化液は1日に数リットルほど胃腸の内部に分泌されますが、これも小腸や大腸でしっかり吸収され最終的に便と一緒に排出されます。

 

しかし、こうした正常な働きがされなくなり、食べ物や消化液が小腸や大腸で停滞してしまい腸に詰まる状態が腸閉塞なのです。

 

腸閉塞になると腸がふくらんで張りが出てくるので、お腹の膨らみや腹痛が現れます。

 

そして最悪の場合、肛門に正常に進めなくなった内容物が口に逆流してしまい嘔吐する場合もあるのです。

 

その際の主な症状には痙攣痛、嘔吐、重度の便秘、排ガスなどが挙げられ、通常の治療方法としては輸液蘇生術、経鼻胃管吸引などが処置されると言います。

 

急性腸閉塞のほどんどは急な激しい腹痛が現れはじめるので、始めこそはきりきりした痛みですが、時間が経つと我慢できないくらいの腹痛に変わります。

 

少し和らいだなと思ったらまた繰り返すというエンドレスで、これを疝痛発作とも呼んでいます。

 

この時に腹痛と共におなかがパンパンに張ったり、やせた人の場合は外側から見てもかなりお腹が膨らんで見えることもあります。

 

急性の腸閉塞になった場合は突然の腹部の痛みが現れ始めますが、かなりの痛みだそうです。

 

女性が腸閉塞になった時の痛みを表現する時は、陣痛に近いくらいの激痛を伴うようで、このような激しい痛みが発生した場合はすぐに病院へ行くことをおすすめします。

 

腸閉塞は腸の外側と内側で起こっている場合があり、原因が外側の場合は腸が外側から圧迫されてしまい腸がねじれているケースが多いとされます。

 

最も多い腸閉塞の原因には開腹手術を受けた人で、腸と腹壁の癒着が起きる場合が多いので注意しましょう。

 

そして内側が原因で腸閉塞になる場合は 大腸がんなどの病気による閉塞があるようです。

 

大腸がんが関係している場合はかなりがんの症状が悪化している場合が多いので早めに治療を受ける必要があります。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ