絞扼性腸閉塞の原因は?

絞扼性腸閉塞は先天的な原因で起きることも

絞扼性腸閉塞とは腸が何かの原因により首を絞めた状態となってしまい、その部分から血液が流れなくなってしまうことで腸が壊死してしまう恐ろしい病気です。

 

手術経験をした人の多くに見られるのですが、乳幼児の場合は胃や腸の先天的なもので起こってしまうものでもあります。

 

先天的な病気と同時に腸閉塞が起きてしまうことの多くは、例えば小腸が生まれつき閉鎖している場合や、先天性小腸閉鎖・狭窄などの病気が原因となっていることが多いようです。

 

その他にも先天性食道閉鎖・狭窄や先天性十二指腸閉鎖・狭窄と呼ばれる腸の閉塞による先天性の疾患などもあるようです。

 

また先天的なもの以外でも壊死性腸炎や腸重積などの消化器疾患や泌尿器疾患が腸閉塞を誘発する危険性もあるのです。

 

壊死性腸炎とは幼児がかかることも多く、ミルクを飲み始めて少し経った頃に発生してしまうケースも多く、だいたい生まれてから半年〜2歳頃にとても多く発症してしまいます。

 

絞扼性腸閉塞の主な症状

絞扼性腸閉塞の主な症状には強い腹痛、お腹の膨らみ、嘔吐があります。

 

小学生以降の子供は嘔吐が最も多いので、風邪や胃腸炎など他の病気と間違えてしまうことも多く、子供の方が発見も遅くなる危険性もあります。

 

特に小さな子供はお腹を壊したり胃腸環境が悪いことが多いため、大人と違って腸閉塞と特定するまでに時間がかかってしまいます。

 

そして絞扼性腸閉塞は腸がねじれて起きるため、激しい辛い腹痛が長く続くことが多いと言われています。

 

腹痛は腸閉塞の中でも一番多い症状ですが、強い痛みと弱い痛みが交互にやってくると言います。

 

絞扼性腸閉塞の場合、徐々に腹痛が現れるのではなく突発的に強い腹痛が引き起こされてしまうことがあります。

 

しかもその腹痛は持続するので、我慢できずに救急車で運ばれてしまう人や動けなくなってしまう人もいるようです。

 

そして人によっては最初から嘔吐してしまったり、早い段階でショック症状が起きてしまうので早めの治療が必要です。

 

なかなかはじめの頃は素人では絞扼性腸閉塞と判断できませんが、このような激しい腹痛、嘔吐などがある場合は絞扼性腸閉塞が起こっている可能性が高いので早めに病院へ受診しましょう。

 

絞扼性腸閉塞という病気は風邪のように放っておいても治ることはないので、すぐに救急車を呼んで病院に行くことが非常に大事なのです。

 

放っておいてそのまま死亡してしまう人もいるので決して軽視してはいけない病であり、早急の対応を求められる病気でもあるのです。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ