子供の腸閉塞

赤ちゃんが嘔吐したときは要注意

腸閉塞は腸管の通過が何かの原因で障害されてしまった状態を指しますが、実際に赤ちゃんや子供にも腸閉塞はおこります。

 

赤ちゃんの腸閉塞の初期症状としては、お腹が膨れたり、嘔吐を繰り返ししてしまう、激しい腹痛、下血などがあります。

 

また、ひどい脱水症状を起こす場合もあり、腸閉塞の初期症状が疑われる赤ちゃんの症状の中でも最も多い症状は嘔吐です。

 

赤ちゃんに起こる腸閉塞の場合は嘔吐が最も多いのですが、この時期は健康であっても嘔吐をしてしまう赤ちゃんもいるので判断がなかなかつかない場合もあります。

 

赤ちゃんは胃と食道の逆流防止機構が未熟なために、稀に胃の中のものが食道に上がって吐いてしまう事もあります。

 

しかし、アレルギーなど何かしら食べ物が合わなかった場合でもそこまで嘔吐することは少ないので、何か様子がおかしいと感じたらすぐに病院へ行くことをお勧めします。

 

多くの腸閉塞では嘔吐を伴うことは珍しくはなく、初期症状の頃は胃液や胆汁を吐いてしまう事もあります。

 

そして腸閉塞が徐々に悪化していくと小腸や大腸の中のものが口から逆流して嘔吐物となり、嘔吐した後は少し落ち着きます。

 

赤ちゃんの場合激しい腹痛に我慢できず大泣きしてしまいますが、しばらくするとピタっと泣き止んだりを繰り返します。

 

なぜここで赤ちゃんが大泣きするのかというと、通常食べ物を消化して排泄する際、腸管が動いては休んでを繰り返し行い排出する仕組みになっていますが、腸管が動くことで2重になってしまった部分が圧迫されるような形となるのでとてつもない痛みが発生します。

 

そして腸管の運動が停止すると痛みも治まるのでまた運動がはじまると痛みが増幅してくるため大泣きをするという繰り返しの状態が起こります。

 

腸重積症は危険な状態

特に腸閉塞の中でも2歳までにかかりやすいと言われているのは腸重積症という病で、腸重積症は24時間以内に処置をしなくては命の危険もあるのです。

 

大人でさえも腸閉塞になってしまうとかなりの痛みを伴うので、赤ちゃんにとってみれば耐え難い症状です。

 

ですから24時間のタイムリミットを考え、腸重積症の特徴を事前に把握しておくことで最悪の事態を回避できると思います。

 

腸閉塞は大人がかかる病気だと勘違いされている人も多いのですが、実際には子供も多くかかっている病気でもあります。

 

もしも頻繁に嘔吐をしてしまったり、赤ちゃんの機嫌が悪くなり泣き出してしまったり、食欲がない、便秘をしてしまう、お腹が膨れるなどの症状がある場合は一刻も早く病院へ診察を受けてあげてください。

 

子供の腸閉塞の症状

 

カイテキオリゴ糖

 

子供でも腸閉塞になることもあるのですが、その際の対処法や初期症状を知っておくと最悪の事態を回避することができます。

 

最も多い症状としては、便秘、お腹の張りや膨れ、重苦しさ、強い腹痛、嘔吐を繰り返す、嘔吐による脱水症状などが挙げられます。

 

子供の腸閉塞で特に多いのは嘔吐ですが、症状が悪化していくと腸内の内容物が逆流してしまうことで便を嘔吐してしまうこともあります。

 

特に絞扼性腸閉塞の場合は、強い腹痛や冷や汗をかくことがあるので、時間が経つにつれて顔面蒼白になり呼吸困難などの症状も出てきます。

 

腹痛の痛み方としては疝痛と呼ばれる刺すような腹痛が一定の時間に繰り返し何度も起こります。

 

そして始めの頃の嘔吐物は、白か透明の酸っぱい液でだんだんと黄色く苦い胆汁のようなものが出てくるようになります。

 

腸閉塞は時間がたてばたつほど悪化してしまう怖い病期なので、お子さんにこのような症状が現れたらすぐに病院へ行きましょう。

 

子どもの腸閉塞の原因

子供の腸閉塞の原因には消化器官の先天性形成異常であることと、疾患などの病気から発生することがあります。

 

先天的な病気の場合は出生前に診断されることも多く、先天性十二指腸や小腸、腸の一部が途切れている場合に腸が塞がってしまうのです。

 

また壊死性腸炎という病気もあり、生後1〜2週間頃のミルクを開始したあたりにかかる場合が多いようです。

 

特に早産や低体重児に現れることが多く、腸が未完成なため粘膜の損傷や細菌感染が起こってしまう病なのです。

 

そうなると腸が壊死する状態となり腸閉塞が起こってしまうのです。

 

子どもの腸閉塞の治療

子供の腸閉塞の治療はそのお子さんの症状によって異なってきますが、軽度の腸閉塞の場合は特に手術などもなく保存的治療という形を取ります。

 

しかし保存的治療を続けてなかなか良くならない場合や、更に症状が重くなる場合は手術をします。

 

そして絞扼性腸閉塞になってしまった場合は、急激に状態が悪化する病気でもあるので緊急手術を行う必要があるため、早めに病院へ受診する必要があります。

 

ですのでこのことを踏まえて、もしもご自分のお子さんに急な腹痛やお腹の膨れ、嘔吐など普通ではない胃腸の症状を訴えた際は一刻も早く病院へ行くことが大切なのです。

 

嘔吐を伴う病気は腸閉塞以外にも便秘や風邪、胃腸炎などもあるのでなかなか一般家庭では腸閉塞と判別するのは難しくなります。

 

しかし腹痛はとても強い痛みで、痛みが和らいだと思ったらまた繰り返し起こるのが腸閉塞の特徴なので、よくお子さんを観察してあげましょう。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ

 

腸閉塞の予防

 

カイテキオリゴ糖

 

保存的治療を受けている子供の場合、腸閉塞が発症を防ぐ方法は便秘の改善です。大人と比べて、子供のほうが快便の傾向がありますが、生活スタイル・食生活の偏りなどにより便秘になる可能性があります。

 

便秘を防ぐには、以下の生活習慣に気をつける必要があります。

 

・消化の良い食物繊維や乳酸菌を積極的に摂取する
・十分な水分を摂取する
・適度な運動を行う(ウォーキングでもOK)
・腸のマッサージ・体操を行う

 

この中でも、最も大事となるのが、食事です。また、食事の中でも、便秘の改善に大きく役立ってくれるのがオリゴ糖です。

 

オリゴ糖に含まれているビフィズス菌は、腸内に潜んでいる善玉菌と悪玉菌のうち善玉菌のエサになってくれ、善玉菌を増やしてくれる役割があります。

 

日本では、特定健康用食品(トクホ)として認定されているほどその効果が認められています。

 

私もここ数年よりオリゴ糖生活を進めていますが、オリゴ糖は、たまに摂取するのみでは効果がゼロに近く、大事なのは、毎日適度な量を摂取することです。

 

食事から摂るにはかなりの努力が必要になるため、最も手っ取り早い方法として、オリゴ糖のサプリメントがあります。オリゴ糖サプリは、子供であれば1?2歳から継続して使用することができて、多くは天然の成分を使った安全性が高いものなので、小さな子供から高齢者まで安心して利用ができます。

 

子供にオリゴ糖を飲ませるときの注意点

 

カイテキオリゴ糖

 

各子供には、大人と同様に、腸の中に数多く野腸内細菌が存在しますが、どんな菌がいるのかやそのバランスなどは人それぞれです。従い、オリゴ糖を摂取する量も個人個人で異なってきます。

 

一般的に、大人がオリゴ糖を飲む場合には、粉タイプで1日5g~10gがベストを言われていますが、子供の場合には、年齢にもよりますが、1g~5g の間を目安にするといいでしょう。

 

子供は大人よりお腹が弱く、一度に大量に摂取してしまうと、善玉菌の活動が活発になりすぎて、下痢になってしまう場合があります。まずは少なめの量から試してみて、効果に応じて増やしていくことをおすすめします。

 

また、オリゴ糖サプリの種類によっては、生後間もない赤ちゃんでも摂取することができます。小さな赤ちゃんの場合はミルクや白湯に混ぜる、少し年齢が上がる子供にはココアや野菜ジュースなどの飲み物またはヨーグルトなどの食べ物に混ぜると摂取しやすくなります。

 

また、オリゴ糖は、加熱によってその働き具合に変わりはないため、料理を作る際に、砂糖変わりに加えることなどもOKです。

 

子供におすすめのオリゴ糖サプリ

 

市場に数多く出回っているオリゴ糖サプリですが、小さな子どもに飲ませる場合、どれを選ぶのが良いのでしょうか?

 

私はこれまで複数社のオリゴ糖サプリを自身で試してみたり、ネット口コミ・評判などのリサーチを通じて、オリゴ糖サプリの研究を重ねてきました。

 

私が子供におすすめするオリゴ糖サプリはズバリ!以下です!

 

1位)カイテキオリゴ(北の達人コーポレーション)

 

カイテキオリゴ糖

 

カイテキオリゴの公式サイト

 

カイテキオリゴは現在日本で最も売れているオリゴ糖サプリであり、圧倒的な人気と高い口コミを得ています。

 

乳幼児から摂取することができるため、小さい赤ちゃんの便秘などにも役立てることができます。(赤ちゃんの場合は、摂取の推奨量は1gからとなります)

 

そんなカイテキオリゴの嬉しい特徴は以下です↓

 

・オリゴ糖の配合率が100%近く、他社と比べても高い
・複数のオリゴ糖を配合している(フラクトオリゴ糖、ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、イソマルトオリゴ糖、環状オリゴ糖)
・天然の原料のみ使用で食品添加物は一切無添加
・オリゴ糖の中でも優れている難消化性タイプである
・食品に溶けやすい=飲みやすい粉末タイプである
・甘みが強すぎず、癖が弱いため飲みやすい
・料金が他社と比較してもだいぶリーズナブル

 

代表的な特徴のみ挙げさせていただきましたが、オリゴ糖の質・安全性・コスパの3軸で見ても、やはり業界一優れた商品であると思います。

 

カイテキオリゴの価格帯:

 

お試し利用 2,554円/1ヵ月
3ヵ月毎お届けコース 2,412円
年間お届けコース 2,270円
単品利用 2,838円
送料 無料(代金引換の支払い方法を希望する場合のみ200円)

※支払い方法は、クレジットカード、現金での代引き、コンビニまたは郵便局での後払いから選択可能

 

カイテキオリゴの公式サイト

 

カイテキオリゴを2週間ほど試してみた私の体験談は以下となります↓
カイテキオリゴの体験談はコチラ!

 

2位)はぐくみオリゴ(はぐくみプラス)

 

カイテキオリゴ糖

 

はぐくみオリゴの公式サイトを見る

 

はぐくみオリゴは、産まれたての赤ちゃんや妊婦さんでも利用ができる、お腹に優しいオリゴ糖です。

 

摂取量は、0~1歳1g、1歳以上1~5g、大人10gとなります。

 

はぐくみオリゴの最大の特徴は以下です↓

 

・オリゴ糖の配合率が99%と極めて高い
・5種類のオリゴ糖を配合(フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、ラフィノース、キシロオリゴ糖、乳糖果糖オリゴ糖)
・オリゴ糖の原料のみ使用しており、人工甘味料や砂糖は不使用
・放射能検査実施
・日本食品分析センターが実践しているアレルギーテストに合格
・カイテキオリゴと同様の難消化性タイプ
・飲みやすい粉末タイプ
・カイテキオリゴと比較して甘みが強め
・パウダーが玉になりやすいため、飲み物などで溶かす利用法が適している
・お試し利用後、効果がないと判断した場合には全額返金保証が可能

 

はぐくみオリゴの価格帯:

 

お試し利用 1,840円/1ヵ月 ※送料無料
毎月お届けコース 3,680円
送料 270円

※支払いはクレジットカードまたは振込用紙

 

はぐくみオリゴは、オリゴ糖の配合率がオリゴ糖サプリの中ではカイテキオリゴの次に高く、天然原料のみを使用しているところが評価・口コミが高いポイントであります。逆にデメリットは、値段が高いことと甘みが強めであることです。
また、オリゴ糖サプリ業界の中でも珍しい「返金保証制度」を設けており、継続的に摂取しても効果がないと感じた場合には、全額返金ができます。このような制度があるということもあり、お試し利用をしてみても失うものはないサプリの1つです。

 

はぐくみオリゴの公式サイトを見る

 

私のはぐくみオリゴの利用体験談は以下です↓
はぐくみオリゴの体験談はコチラ!

 

3位)くるポンタブレット(マコトとスナオ)

 

カイテキオリゴ糖

 

くるポンタブレットの公式サイトを見る

 

くるポンタブレットは、名前の通り、タブレット形式のオリゴ糖です。ヨーグルト風味の飴であり、その味が子供に大人気であるという口コミが多い商品です。私も、まるでお菓子を食べる感覚で、かなりはまってしまいました^^;

 

カイテキオリゴ糖

 

摂取年齢は2歳半以上(乳歯が生え揃う頃)となり、1日の上限は2歳~6歳:3粒、小学生以上:3~6粒、大人6粒までとなります。

 

くるポンタブレットの主な特徴は以下です↓

 

・5種類のオリゴ糖を配合(乳果オリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ビートオリゴ糖、キシロオリゴ糖)
・オリゴ糖以外に高密度な乳酸菌やサポート成分:ビタミンC、難消化デキストリン、マルチトース、ラカンカを配合
・合成甘味料・着色料・砂糖不使用
・国内工場で生産
・アレルギー検査、栄養成分試験、放射能試験に合格
・医者・薬剤師の推奨あり
・返金保証制度あり

 

くるポンタブレットの価格帯:

 

お試し利用 1,800円/1ヵ月 ※送料無料
2回目以降のお届け 2,800円
単品でのお届け 3,800円
送料 定期購入の場合:無料

単品購入の場合:300円

※支払いはクレジットカードまたはコンビニ・郵便局・銀行でのNP後払いが可能。

 

くるポンタブレットの何よりの強味は、子供が喜んで食べてくれること、オリゴ糖意外に複数の成分を配合していること、価格が安いことです。弱みは、カイテキオリゴやはぐくみオリゴが無添加・天然100%と主張していることに対して、くるポンタブレットは、天然甘味料(キシリトール、ステビア)、ステアリン酸カルシウム、香料(天然由来か人工かは不明といった添加物を使用している点にあります。

 

これらは、食品添加物の中でも毒性がないという結果出ているものでありますが、添加物であることに変わりはありません。ただし、子供がよくおやつに食べている市販のお菓子のほうが使われている添加物の種類と量は多いため、どこまで神経質になるかの話ですね!

 

くるポンタブレットは、はぐくみオリゴと同様に返金保証制度があります。使ってみて、商品が体に合わないといった場合には、初回のお届け15日以内で返金ができます。

 

くるポンタブレットの公式サイトを見る

 

まとめ

 

子供から大人まで苦しい便秘は、ちょっとした生活週間で簡単に改善することができます。

 

労力もお金もさほどかからないやり方には、毎日の生活にオリゴ糖を取り入れることが1つあります。

 

ただし、オリゴ糖は、下剤ではありませんので、すぐに効果が出ない場合もあります。最低2週間?数ヶ月の間、健康食品として継続的に取り入れて、成果を試していくことが大切です。

 

あなたの子供の便秘が嘘のように解消されることを願います!^^

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ