腸閉塞の痛みの特徴

特有の激しい腹痛が起きる

腸閉塞は小腸や大腸の中を食べたものやガスが上手に通らなくなり、腸の内容物が排出されなくなってしまい強い腹痛や吐き気を起こす病気です。

 

初期症状にはおへそや下腹部周辺からお腹が張る腹部膨満感や腹痛、吐き気が発生し、顔面が真っ白になったり人によっては発熱する場合もあります。

 

激しい腹痛を感じている男性

便秘と最も似ている症状なのですが、腸閉塞の場合は急激な激しい腹痛が起きることが特徴なのです。

 

しかし便秘が原因で腸閉塞になる場合も多く、発見が遅れてしまう病気でもあります。

 

痛み方としては激しい痛みが持続したり、強い痛みと弱い痛みが波のように現れることが特徴的です。

 

腹痛がある部分としては、 へそまわりから腹部全体に痛みが生じ、オナラや便が出なくなったり、お腹がふくれたり、吐き気や嘔吐、便秘などが引き起こされます。

 

また内容物が腸内で詰まってしまうのでお腹が膨らむことも特徴的なので、もしもいつも以上にお腹が張ったり痛みが続くようでしたら注意が必要です。

 

そして通常だと肛門から内容物が排出されますが、それらが腸に溜まってしまうので、逆流してしまい吐き気や嘔吐に繋がることもあります。

 

症状が悪化してしまうと、腸内で水分がうまく吸収されず脱水症状になることもしばしばあるのです。

 

腸閉塞になってしまう原因には様々な理由があるのですが、その中でも、最も多いのは腸の外壁が別の部位の腸とくっついてしまう癒着によって起きます。

 

また最悪のケースですと、がんなどの腫瘍によって腸管の内腔が狭くなり排便されず腸閉塞を招くこともあります。

 

もう一つの要因としては機能的腸閉塞というものがあり、腸の麻痺やけいれんがきっかけで腸が通常通りの働きをしなくなるという場合でも腸閉塞になります。

 

強い腹痛が頻繁に起きたり、便秘や腹部の膨らみを感じたらもしかしたらそれは腸閉塞かもしれないので、疑ったらまずは一刻も早く病院へ行くことが大事なのです。

 

悪化してしまうと最悪のケースでは死に至ることもあるので、このような症状を感じたら迷わず受診してください。

 

便秘と腸閉塞は一見私たち素人では判断が難しいところがあるので自己判断はキケンなのです。

 

そして腸の癒着によって起こる機械的腸閉塞の要因の中には過去に行った手術によるものの場合もあるので、このタイプの腸閉塞は再度再発するリスクが高まると言われています。

 

一度症状が回復し改善しても、再び腸閉塞の症状が起きる場合もあるのでその場合でも早めに受診しましょう。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ