腸閉塞の原因を知って正しい治療を受ける

開腹手術後は腸閉塞が起きやすい

腸閉塞(イレウス)の原因には腸の内側に原因がある場合と、腸の外側からねじれたりすることで起きる場合があります。

 

実際に腸閉塞になる要因は様々なものがあるのですが、特に開腹手術をしたことのある方は腸と腹壁、腸同士の癒着が起こりやすいと言われています。

 

そして、その癒着部分の腸が曲がったりねじれたり、腸が圧迫される場合がとても多いので腸閉塞になってしまう危険度も上がると言われています。

 

腸閉塞の種類には機械的機能的という種類があるのですが、原因はそれぞれ違ってきます。詳しくみていきましょう。

 

機械的腸閉塞の原因について

機械的腸閉塞は腸管の変形を原因として生じるもので、イレウス全体の約9割がこの理由で起こります。

 

機械的腸閉塞は、さらに単純性腸閉塞複雑性腸閉塞に分かれます。その違いを確認しておきましょう。

 

単純性腸閉塞

機械的腸閉塞のうち、単純性腸閉塞というものがあります。これは腸が捻じれたり、腸管内部に腫瘍などがある場合に腸が塞がれてしまう状態です。

 

また開腹手術後の腸の癒着で起きる場合も単純性に分類され、原因としてはこちらのほうが多く見られます。

 

開腹手術後は、腸と腸がくっつく癒着の危険性が高まるのですが、癒着の部分や程度により腸が捻じれたり曲がったりしてしまうのです。

 

その他にも大きな病気が原因で腸閉塞になってしまうケースもあり、代表的な病気では大腸がん・腫瘍・胆石・寄生虫などが原因となってしまい腸管を塞ぐこともあります。

 

単純性腸閉塞になってしまうと、血流の流れにまでは問題は出ませんが、症状は腹部膨満や腹痛、嘔吐が現れることが多いようです。

 

複雑性腸閉塞

機械的腸閉塞のうち、複雑性腸閉塞とは腸重積・腸軸捻転・ヘルニアが原因で腸閉塞が起きてしまいます。

 

腸が締め付けられてしまうので血行障害が起き、壊死してしまうことがあるので放っておくと死に至る危険性もあります。

 

また高齢の女性の場合は大腿ヘルニアなど脱腸になってしまうことで腸閉塞になる場合もあるのです。

 

そして内ヘルニアと呼ばれる病では、お腹の中の色んなくぼみに腸が入り込んでしまう病気でも、腸が詰まり腸閉塞になってしまうケースもあります。

 

腸閉塞が原因となり腸内の血流が流れなくなる場合は絞扼性イレウスという状態となり、これは大変危険で命に関わることもあるので緊急の治療が大切となってきます。

 

一時器フラフープが流行りましたが、やりすぎることで腸捻転が起きてしまうという話がありましたが、実際にこの腸捻転も腸閉塞なので全く関係ないことではありません。

 

腸捻転とはホースに置き換えると、途中でホースが折れ曲がってしまう状態なので腸管が捻れことにより閉塞してしまう病です。

 

機能的腸閉塞の原因について

腸閉塞 原因

 

機能的腸閉塞とは、腸の働きの異常を原因として生じるもので、腸の神経が乱れたり炎症が生じたりすることで腸の機能が正常でなくなり、腸内の内容物が停滞してしまう状態です。

 

機能的腸閉塞には、麻痺性腸閉塞痙攣性腸閉塞の2つのタイプが考えられます。

 

麻痺性腸閉塞

薬の副作用やストレス・病気(腹膜炎)・各種中毒症などの影響で腸の運動が麻痺することで起こります。

 

痙攣性腸閉塞

局部的炎症や胆石や尿管結石などの刺激や自律神経の異常を原因として腸が痙攣して内容物が詰まってしまう状態です。

 

 

もしもいつもと違うお腹の痛みや吐き気を感じたら自己判断せずに、手遅れになる前に病院へ行って検査をしてもらうことが大切です。関連記事:腸閉塞の検査方法で知っておきたいこと

 

お腹に少しでも違和感を感じたらまずはお近くの病院へ行き医師にしっかり判断してもらってください。

 

ストレスが原因の機能性腸閉塞

 

腸閉塞が起きる原因には様々なことが考えられますが、過去に開腹手術を受けたことがある人や、腸管に炎症が起きてしまい癒着を起こす場合に起きます。

 

大腸がんなどの腫瘍が原因で腸管が狭くなる場合もあり、異物を誤って飲んでしまったり消化しない食べ物を摂った時に生じる機械的腸閉塞もあります。

 

ストレスで腸閉塞が起きてしまう人もいますが、それは腸管に運動障害が起きていることで起こってしまうと言われています。

 

このようなストレスが原因で起こってしまう腸閉塞を機能的腸閉塞と呼びますが、初期症状としては排便できなくなったり、ガスも出なくなってきてしまいます。

 

そして腹痛や嘔吐、腹部膨満感も出てくるので腸閉塞を放置してしまうと、最悪のケースでは命にかかわることも起きてしまいます。

 

ストレスというのは消化器系にとても大きな影響を与えるので、なるべくストレスを発散しながら生活を送りましょう。

 

腸閉塞は腸で引き起こされるものなのでストレスと深い関わりがあり、更に不規則な生活などが重なると腸閉塞に繋がってしまいます。

 

特に今の時代は仕事が忙しく、食事や睡眠もあまり摂れていない人が多いため、偏った食事から体調を崩す人も増えています。

 

100パーセント規則正しい生活を送るのは困難ですが、なるべく気を付けるようにするのが腸閉塞への一番の予防策だと言えます。

 

ストレスは現代社会ではなかなかこのストレスと付き合っていくことが難しいのですが、仕事やプライベートでも常にストレスを溜めていると発散法を見失いがちです。

 

ストレスというものは当然目には見えませんが、実際には自分でも気づかないほど体に負担をかけてしまっています。

 

またストレスから生じる活性酸素は様々な現代における病気の原因になるものなのですが、これは本来無害な酸素でもあるのですが、それが活性化してしまうと有害物質になってしまいます。

 

体内の色んな器官に悪影響を及ぼしてしまうのですが、特に腸への影響がかなり大きいということが分かっています。

 

ですから腸内環境が悪化してしまうので最終的には腸閉塞になってしまう人も多いのです。

 

また腸閉塞の手術を受けた患者さんは日頃から家庭においても職場においてもストレスだらけだったという人が多いようです。

 

腸閉塞にならないために基本的にはストレスと日々上手に付き合っていくことが大事です。

 

まずはストレスを感じたら溜め込まず、周りに相談したりストレス発散できる趣味や好きなことを見つけることも大切なのです。

 

絞扼性腸閉塞は先天的な原因で起きることも

 

絞扼性腸閉塞とは腸が何かの原因により首を絞めた状態となってしまい、その部分から血液が流れなくなってしまうことで腸が壊死してしまう恐ろしい病気です。

 

手術経験をした人の多くに見られるのですが、乳幼児の場合は胃や腸の先天的なもので起こってしまうものでもあります。

 

先天的な病気と同時に腸閉塞が起きてしまうことの多くは、例えば小腸が生まれつき閉鎖している場合や、先天性小腸閉鎖・狭窄などの病気が原因となっていることが多いようです。

 

その他にも先天性食道閉鎖・狭窄や先天性十二指腸閉鎖・狭窄と呼ばれる腸の閉塞による先天性の疾患などもあるようです。

 

また先天的なもの以外でも壊死性腸炎や腸重積などの消化器疾患や泌尿器疾患が腸閉塞を誘発する危険性もあるのです。

 

壊死性腸炎とは幼児がかかることも多く、ミルクを飲み始めて少し経った頃に発生してしまうケースも多く、だいたい生まれてから半年〜2歳頃にとても多く発症してしまいます。

 

絞扼性腸閉塞の主な症状

絞扼性腸閉塞の主な症状には強い腹痛、お腹の膨らみ、嘔吐があります。

 

小学生以降の子供は嘔吐が最も多いので、風邪や胃腸炎など他の病気と間違えてしまうことも多く、子供の方が発見も遅くなる危険性もあります。

 

特に小さな子供はお腹を壊したり胃腸環境が悪いことが多いため、大人と違って腸閉塞と特定するまでに時間がかかってしまいます。

 

そして絞扼性腸閉塞は腸がねじれて起きるため、激しい辛い腹痛が長く続くことが多いと言われています。

 

腹痛は腸閉塞の中でも一番多い症状ですが、強い痛みと弱い痛みが交互にやってくると言います。

 

絞扼性腸閉塞の場合、徐々に腹痛が現れるのではなく突発的に強い腹痛が引き起こされてしまうことがあります。

 

しかもその腹痛は持続するので、我慢できずに救急車で運ばれてしまう人や動けなくなってしまう人もいるようです。

 

そして人によっては最初から嘔吐してしまったり、早い段階でショック症状が起きてしまうので早めの治療が必要です。

 

なかなかはじめの頃は素人では絞扼性腸閉塞と判断できませんが、このような激しい腹痛、嘔吐などがある場合は絞扼性腸閉塞が起こっている可能性が高いので早めに病院へ受診しましょう。

 

絞扼性腸閉塞という病気は風邪のように放っておいても治ることはないので、すぐに救急車を呼んで病院に行くことが非常に大事なのです。

 

放っておいてそのまま死亡してしまう人もいるので決して軽視してはいけない病であり、早急の対応を求められる病気でもあるのです。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ