腸閉塞の原因を知って正しい治療を受ける

開腹手術後は腸閉塞が起きやすい

腸閉塞の原因には腸の内側に原因がある場合と、腸の外側からねじれたりすることで起きる場合があります。

 

実際に腸閉塞になる要因は様々なものがあるのですが、特に開腹手術をしたことのある方は腸と腹壁、腸同士の癒着が起こりやすいと言われています。

 

そして、その癒着部分の腸が曲がったりねじれたり、腸が圧迫される場合がとても多いので腸閉塞になってしまう危険度も上がると言われています。

 

腸閉塞の種類には機械的と機能的という種類があるのですが、原因はそれぞれ違ってきます。

 

機械的腸閉塞とは?

機械的腸閉塞のうち、単純性腸閉塞というものがあります。

 

これは腸が捻じれたり、腸管内部に腫瘍がある場合に腸が塞がれてしまう状態です。また開腹手術後の腸の癒着で起きる場合も単純性に分類されます。

 

開腹手術後は、腸と腸がくっつく癒着の危険性が高まるのですが、癒着の部分や程度により腸が捻じれたり曲がったりしてしまうのです。

 

その他にも大きな病気が原因で腸閉塞になってしまうケースもあり、代表的な病気では大腸がん、腫瘍、胆石、寄生虫が原因となってしまい腸管を塞ぐこともあります。

 

単純性腸閉塞になってしまうと、血流の流れにまでは問題は出ませんが、症状は腹部膨満や腹痛、嘔吐が現れることが多いのです。

 

機械的腸閉塞のうち、複雑性腸閉塞とは腸重積・腸軸捻転・ヘルニアが原因となってしまい腸が閉塞して腸閉塞が起きてしまいます。

 

腸が締め付けられてしまうので血行障害が起き、壊死してしまうことがあるので放っておくと死に至る危険性もあります。

 

また高齢の女性の場合は大腿ヘルニアなど脱腸になってしまうことで腸閉塞になる場合もあるのです。

 

そして内ヘルニアと呼ばれる病では、お腹の中の色んなくぼみに腸が入り込んでしまう病気でも、腸が詰まり腸閉塞になってしまうケースもあります。

 

腸閉塞が原因となり腸内の血流が流れなくなる場合は絞扼性イレウスという状態となり、これは大変危険で命に関わることもあるので緊急の治療が大切となってきます。
一時器フラフープが流行りましたが、やりすぎることで腸捻転が起きてしまうという話がありましたが、実際にこの腸捻転も腸閉塞なので全く関係ないことではありません。

 

腸捻転とはホースに置き換えると、途中でホースが折れ曲がってしまう状態なので腸管が捻れことにより閉塞してしまう病です。

 

機能的腸閉塞とは?

機能的腸閉塞とは、腸の神経が乱れたり、炎症が生じたりすることで腸の機能が正常でなくなり、腸内の内容物が停滞してしまう状態です。

 

薬の副作用やストレス、病気などの影響で腸の運動が麻痺する麻痺性と、胆石や尿管結石などの影響で腸が痙攣して内容物が詰まってしまう痙攣性の2つのタイプが考えられます。

 

もしもいつもと違うお腹の痛みや吐き気を感じたら自己判断せずに、手遅れになる前に病院へ行って検査をしてもらうことが大切です。

 

お腹に少しでも違和感を感じたらまずはお近くの病院へ行き医師にしっかり判断してもらってください。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ