犬の腸閉塞の初期症状は?

犬の腸閉塞は誤飲が多い

犬など動物でも腸閉塞を起こす危険性もあり、犬の場合は何か異物を飲みこんでしまったりすることが原因で腸閉塞を招く場合があります。

 

その犬の体の大きさによっても異なりますが、原因にはやはりおもちゃなどのボールが多いとされています。

 

大型犬の場合、野球ボールほどのおもちゃも簡単に飲み込んでしまうことができますが、小型犬のほとんどは口に入れることがやっとです。

 

しかし、ビー玉ほどの異物だと大型犬が飲みこんでしまっても腸閉塞になるリスクは減り、そのまま排便されます。

 

ですが小型犬の場合はビー玉ほどの物を飲みこんでしまえば腸閉塞を起こすリスクも高まります。

 

大型犬の場合はこのような大きい形のおもちゃ類が腸閉塞を招きやすく、更におもちゃを破壊してしまいその破片を飲み込むことで腸閉塞になってしまうこともあります。

 

小型犬の場合でもおもちゃが腸閉塞の原因になるのですが、それ以外にも人間の食べた物などが原因になるケースもあります。

 

例えばトウモロコシの芯や果物の大きな種、梅干しの種などを飲みこんでしまい腸閉塞になってしまう犬もいます。

 

またビニール袋や手袋などの衣類を飲みこんでしまい腸が詰まってしまう危険性もあるのです。

 

このように異物を飲みこむことで起こる腸閉塞の場合、ほとんどの症状が突然の嘔吐になってきます。

 

腸に異物が詰まるのですから、それより先に食べ物が進まなくなってしまうので口から吐き出してしまうのです。

 

その詰まり具合が軽度〜中程度の場合は、ほとんど嘔吐や下痢、便秘、食欲低下、脱水などが多く見られるようになります。

 

ガンによる腸閉塞

しかし、犬でも大腸がんなどにかかるケースもあり、その場合はほとんど気づかないまま大きくなってしまっています。

 

がんの初期症状として、嘔吐や便が細くなる傾向があり、本人はいたって元気なため見逃してしまう事もあります。

 

そしてがんにより腸閉塞になってしまったら、腸が完全に閉塞してしまうことになれば、他にも激しい腹痛などが起きてしまい、お腹を丸めた姿勢をとったり苦しんでしまいます。

 

また痛みにより呼吸が浅くなったり動悸が激しくなるケースもあり、その時は明らかに様子が変わるため観察することが大事です。

 

腸閉塞の場合、脱水やショック状態に陥る犬も多いので、まずは何かおかしいなと感じたら自己判断せずに獣医さんに診てもらいましょう。

 

状態によって安定した後は外科手術で異物を取り除くオペがされたり、腸管を修復したり切除を行っていく治療を進めます。

 

飼い主として、ペットが腸閉塞にならないためには、やはり日頃から異物を飲み込ませないような環境を整えてあげることが大事でしょう。

 

猫の腸閉塞は気づきにくい

 

腸閉塞は猫でも見られる病気で、何らかの物質が腸管を塞いでしまう病気を指します。

 

腸管が塞がれると腸内に便や液体、ガスなどが蓄積されてしまうので次第にお腹が膨らんできます。

 

実際にお腹が膨んでくると激しい痛みが起きるので、猫はお腹を触られることを嫌がったり、その場で丸くじっとしてしまいます。

 

腸内が塞がれている状態なので便秘や嘔吐の症状が出てくるため、猫によっては不安からソワソワと落ち着かなかったり、呼吸が早くなってしまいます。

 

そして嘔吐が激しい場合には水さえも飲めなくなってしまうので、しばらくして脱水症状になってしまいます。

 

徐々に元気がなくなってきたり食欲も低下してくるので飼い主さんもやっとそこで異常に気付くことも多いと言います。

 

嘔吐や食欲低下などは、その日の体調や季節によっても現れやすいため、飼い主さんは様子を見て過ごしてしまいますが、そうしている間にも病気が進行していき腸閉塞の症状が重くなってしまうケースもあります。

 

時にはショック症状になってしまい命の危険性がある危険な病気でもあります。

 

多くは異物の誤飲が原因

実際にどのようなことが原因で猫は腸閉塞になるのかというと、そのほとんどは異物の飲み込みです。

 

おもちゃなどで遊んでいる時に壊れたおもちゃや喉に詰まりやすいおもちゃをそのまま飲み込んでしまうことがあるのです。

 

また、猫が大好きな毛糸やリボンなどの糸状のものや紙などもそのまま飲み込んでしまうことも多いので、それらが腸閉塞を招く原因でもあります。

 

治療は緊急性があるため、ほとんどは開腹手術で異物を除去したり腸管が壊死している場合はその部分の切除を行っていきます。

 

しかし腸閉塞の症状などで脱水症状が起こっている場合は手術前に、輸液などで処置し症状を軽くする方法も取ります。

 

そして病気が進んでいるとそれだけ手術の時間は長くなってしまうので、猫の死亡リスクを高めることにもなるので早めの処置が大切です。

 

このことから猫の腸閉塞は早期発見と早期の治療が大切なので日頃からペットの様子は見ておくようにしましょう。

 

また、腸閉塞の予防ではおもちゃなどの異物を飲みこませないために、普段からおもちゃなどの管理も気を付けるようにしましょう。

 

猫が飲んでしまうもの、壊して遊びそうなものなどはしっかり片付けるようにして手の届かない場所に保管しておくことが大事なのです。

 

そして猫の腸閉塞は異物の飲み込みの他にも、腸にできたがんなどの腫瘍や、腸の腸重積、腸内の寄生虫の繁殖によっても起こってしまうと言われています。

 

いずれにしても様子の変化に早めに気づいてあげることが大切です。