大腸がんが腸閉塞を引き起こしているのかも

腸閉塞が大腸ガンの進行で起きる場合

何らかの原因で食べ物が小腸や大腸に詰まってしまい、腹部が張って激しい腹痛となり、排出できない症状を腸閉塞と呼びますが、病気が原因でこのような症状になる場合もあるのです。

 

大腸がんにおいても、腫瘍が進行することで腸をふさいでしまい、腸閉塞を引き起こすことがあります。

 

大腸がんの多くは粘膜にできてしまうポリープから発生することが多く、だんだんと大きくなると腸を圧迫するようになり結果的に腸閉塞につながります。

 

小腸から送られる食べ物が、がんが原因で塞がれてしまうので腸に通過できず排出されなくなってしまうのです。

 

そうするとお腹が張り腹痛となるので、肛門から排出できなくなった内容物が今度は口から出ようと逆流してきてしまいます。

 

大腸がんになってしまうと食べ物や飲み物が通常通る道をふさぐので便秘になったり、排便が思うように出なくなる症状が起こります。

 

場合によってはがんが進行してしまうと腸管に穴が開いてしまうケースもあり、そうなると腸液が腹腔という腸の外に出てしまうため腹膜炎を起こすこともあるようです。

 

そうなってしまうとやはり手術が必要となるので、手術することで胃がんと同じく術後の腸の癒着によって腸閉塞を起こしてしまう危険性もあるのです。

 

特に高齢者の場合は大腸がんで腸閉塞を発症してしまう人が多いとされており、症状が強くでてしまう場合もあるので油断は禁物です。

 

大腸がんで引き起こされる腸閉塞の場合の多くは腫瘍が大きくなっているケースが多いので、かなり進行しているがんが疑われます。

 

大掛かりな手術が必要になる場合も

大腸がんや腸閉塞による腹痛や腹部の膨満感、吐き気、便秘、嘔吐感は特に高齢者に多い症例なので見過ごさないように注意しましょう。

 

腸閉塞は急激な腹痛で発生することが多いので、徐々に悪化していくというよりも唐突にやってくることの方が多いそうです。

 

そのため、緊急の手術も要することになるのですが、その原因が大腸がんの場合は大がかりな手術になることも想定しなくてはなりません。

 

ただの腹痛だとか便秘だと思っていても実は体の隠れた場所に大きな病が潜んでいたというケースも少なくはありません。

 

腸閉塞だと思って検査をしたら実はがんだったという人もいるようなので定期的な腸の検査は大事なので、30歳を過ぎたら特に毎年の人間ドックは欠かせないとも言われています。

 

大きな病気を見過ごさないためにも、普段から腸に優しい食べ物を食べたり便秘予防をすることで、腸閉塞や大腸がんのリスクを減らせると思います。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ