腸閉塞対策

便秘が原因となる腸閉塞

便秘は、腸閉塞の原因となります。

 

そのように便秘によって腸が詰まって腸閉塞にまでなった状態は糞便性イレウスと呼ばれています。

 

しかし、糞便性イレウスだけでなく、他の原因から腸閉塞になった場合も、その再発を防ぐには便秘にならないようしっかりと注意していなくてはなりません。

 

糞便性イレウスの症状に注意

糞便性イレウスは、便秘の悪化と共に徐々に症状が現れるのが特徴です。

 

最初は食欲不振やお腹が張ったように感じる程度かもしれません。しかし、時間が経つにつれて腸閉塞の症状である嘔吐や激しい腹痛が現れるようになります。

 

腹痛に見舞われる女性

そのような症状が現れたら直ちに病院に行きましょう。

 

糞便性イレウスは我慢することで悪化させると危険です。

 

固い便でパンパンになった大腸が圧力で破れて、便が腹腔内に漏れ出してしまうこともあるようです。

 

そうすると、便の中の細菌によって腹膜炎や敗血症になり死亡することがあります。

 

大腸が破れるほどになった場合には緊急の外科手術が必要です。穴が開いた部分の大腸を切除しますが、部位によっては人工肛門につけることになります。

 

便秘解消して腸閉塞を防ぐ

便秘も腸閉塞の原因のひとつですが、それ以外にも手術後の腸の癒着や大腸ガンなど腸閉塞につながる原因が幾つかあります。

 

いずれにしても、腸閉塞になった時点で腸の働きは弱っていますし、手術にしろ温存療法にしろ、治療の過程で腸はダメージを受けています。

 

ですから、腸閉塞を経験すると、さらに便秘になりやすい状況にあると考えてください。

 

再発を防ぐためにも、腸を活発に働かせて、お通じを良くする生活習慣を心がけましょう。

 

また便秘がちになったら、早めに解消するための対策が必要です。

 

毎日行なえることとして、消化のよい食事を心がけることや腸内環境に良い食事メニューを増やすこと、適度な運動やストレスをためないことなどがあります。

 

そのようなことを行なっても、働きの悪くなった腸はどうしてもお通じを悪くしてしまうことがあります。

 

何日も出ない日が続くようなら、一時的に下剤や浣腸を行なう必要があるかもしれません。

 

しかし、毎日それらに頼らなければ出ないということであれば、かなり心配な状態です。

 

腸の働きはますます低下しますし、下剤も使い続けると量を増やしていかなければ段々と効かなくなっていきます。

 

オリゴ糖で腸内環境から整える

短期的にも長期的にも便秘対策としておすすめできるのは、オリゴ糖の定期的な摂取です。

 

腸閉塞を防ぐためには、腸を十分に働かせることが大切ですが、そのためには腸内環境が良好である必要があります。

 

お腹の健康

腸内環境は、悪玉菌と呼ばれる腸内の細菌群と善玉菌と呼ばれる細菌のバランスによって成り立っています。

 

悪玉菌というのは、健康に有害とされる細菌類の総称ですが、これらが善玉菌よりも優位になると、腸内がアルカリ性になり、腸の運動は鈍くなってしまいます。

 

オリゴ糖は糖分の一種ですが、砂糖とは異なり、胃や小腸で消化吸収されにくく、大腸まで届きます。

 

その結果、大腸に棲息する善玉菌のビフィズス菌のエサとなるのです。

 

オリゴ糖を食べたビフィズス菌は活発になり、どんどん増殖していきますから、悪玉菌の増殖は抑制されていきます。

 

さらにビフィズス菌が活発になると、それらの産生する酸が腸に刺激を与えて腸の運動が活発になっていくのです。

 

こうして便秘を防いでくれて腸閉塞の再発防止に役立ちます。

 

カイテキオリゴで万全の対策を

オリゴ糖食品は様々なメーカーから販売されていますが、その多くは甘味料という位置づけであり、健康増進を目的として開発されたオリゴ糖商品は数種類しかありません。

 

中でも圧倒的に評価が高いのは、カイテキオリゴというオリゴ糖食品です。

 

公式サイト

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

カイテキオリゴは健康食品として開発されたために、ご購入者の大半も健康効果を期待して入手されるようです。

 

そのようなご購入者の声は以下の公式掲示板に日々寄せられていますが、この掲示板をざっと閲覧するだけでもカイテキオリゴのすごさが分かっていただけると思います。カイテキオリゴ体験談掲示板こちら

 

その幾つかを取り上げてみます。

 

4月に腸閉塞をやりました。
それからずっと医者の薬を飲んでお通じ出していたのですが、夏ごろから薬を飲んでいても便秘するようになって
腸を整える薬と下剤はほんとうにたまにだったのですが、下剤なしでは出なくなり
下剤も量多いと出るのですが水のようになり少ないと出なくて
又腸閉塞になるのではと悩んでいたところオリゴ糖を知りわらをもつかむ思いで注文しました。
医者の薬とあわせながらですが少しずつ便がかたまって形になってきました。
本当にうれしかったです。
薬の方は少しずつ減らしていきながらオリゴ糖を続けたいと思います。
(静岡県 SO)

 

私がこのオリゴ糖を知ったのは、たまたま見ていたサイトの広告がきっかけでした。 

 

例によって大げさな言い回しのキャッチコピーでしたが、

 

高校生の時から便秘に悩まされ続けていた私は、半信半疑でアクセスしてみました。

 

実は私には、便秘だけでなく腸閉塞という持病もあります。

 

便秘が引き金となっておこることが多いため、本当に悩みの種でした。

 

それがこのオリゴ糖を飲み始めて数か月、便秘も徐々に改善され、体調維持にかかせないものとなってきました。

 

腸の調子が本当に良いのです。

 

何年も何回も苦しんできた腸閉塞も、日頃の注意とこのオリゴ糖があれば乗り越えられる気がします。本当に感謝してます。

 

ちなみに飲み方ですが、朝ヨーグルトや乳製品と一緒にいただきます。

 

飲みすぎると私の場合は逆効果でしたので、一定の時間と量を守るようにしています。(埼玉県 みらい様)

 

腸閉塞は再発しやすい病気と言われています。それというのも、一度ダメージを受けた腸の機能を回復するのは容易ではないからです。

 

場合によっては長い時間と忍耐強い努力が必要になるかもしれません。

 

カイテキオリゴなら毎日続けやすいですし、その効果も利用者の声によって実証されていますから、腸閉塞対策、便秘対策の心強い味方となるはずです。