赤ちゃんの腸閉塞

赤ちゃんが嘔吐したときは要注意

腸閉塞は腸管の通過が何かの原因で障害されてしまった状態を指しますが、実際に赤ちゃんや子供にも腸閉塞はおこります。

 

赤ちゃんの腸閉塞の初期症状としては、お腹が膨れたり、嘔吐を繰り返ししてしまう、激しい腹痛、下血などがあります。

 

また、ひどい脱水症状を起こす場合もあり、腸閉塞の初期症状が疑われる赤ちゃんの症状の中でも最も多い症状は嘔吐です。

 

赤ちゃんに起こる腸閉塞の場合は嘔吐が最も多いのですが、この時期は健康であっても嘔吐をしてしまう赤ちゃんもいるので判断がなかなかつかない場合もあります。

 

赤ちゃんは胃と食道の逆流防止機構が未熟なために、稀に胃の中のものが食道に上がって吐いてしまう事もあります。

 

しかし、アレルギーなど何かしら食べ物が合わなかった場合でもそこまで嘔吐することは少ないので、何か様子がおかしいと感じたらすぐに病院へ行くことをお勧めします。

 

多くの腸閉塞では嘔吐を伴うことは珍しくはなく、初期症状の頃は胃液や胆汁を吐いてしまう事もあります。

 

そして腸閉塞が徐々に悪化していくと小腸や大腸の中のものが口から逆流して嘔吐物となり、嘔吐した後は少し落ち着きます。

 

赤ちゃんの場合激しい腹痛に我慢できず大泣きしてしまいますが、しばらくするとピタっと泣き止んだりを繰り返します。

 

なぜここで赤ちゃんが大泣きするのかというと、通常食べ物を消化して排泄する際、腸管が動いては休んでを繰り返し行い排出する仕組みになっていますが、腸管が動くことで2重になってしまった部分が圧迫されるような形となるのでとてつもない痛みが発生します。

 

そして腸管の運動が停止すると痛みも治まるのでまた運動がはじまると痛みが増幅してくるため大泣きをするという繰り返しの状態が起こります。

 

腸重積症は危険な状態

特に腸閉塞の中でも2歳までにかかりやすいと言われているのは腸重積症という病で、腸重積症は24時間以内に処置をしなくては命の危険もあるのです。

 

大人でさえも腸閉塞になってしまうとかなりの痛みを伴うので、赤ちゃんにとってみれば耐え難い症状です。

 

ですから24時間のタイムリミットを考え、腸重積症の特徴を事前に把握しておくことで最悪の事態を回避できると思います。

 

腸閉塞は大人がかかる病気だと勘違いされている人も多いのですが、実際には子供も多くかかっている病気でもあります。

 

もしも頻繁に嘔吐をしてしまったり、赤ちゃんの機嫌が悪くなり泣き出してしまったり、食欲がない、便秘をしてしまう、お腹が膨れるなどの症状がある場合は一刻も早く病院へ診察を受けてあげてください。

 

腸閉塞の再発を予防するたった一つの簡単習慣はこちらへ