腸閉塞の再発を予防

再発しやすい腸閉塞(イレウス)を予防するには?

この記事では腸閉塞(イレウス)の予防に役立つ生活習慣についてまとめました。

 

病院の点滴

私の母は、腸閉塞と診断された時には既にゲッソリと痩せて、憔悴しきっていました。

 

3日間、嘔吐と何も食べられない状態が続いていたので無理もありません。

 

その上、我慢強い人だったのに、腹部の断続的で刺すような痛みのために、顔をゆがめて泣きそうな顔で苦しさを訴えていました。

 

母は高齢でもあり、介護の必要なほど身体機能が弱っていたので、妻も一時は最悪の事態を覚悟したようです。

 

その後、2週間の入院でなんとか回復しましたが、本人にとっても、世話をする家族にとってもかなりきつい体験でした。

 

しかし、担当の医師の話によれば、腸閉塞は再発しやすい病気だそうです。

 

それを聞いて「こんなきつい思いを再びしなくてはならないのか。」と、暗い気持ちになってしまいました。

 

再発を予防する鍵は快便にあり

 

カイテキオリゴ糖

 

腸閉塞(イレウス)は、高齢者だけでなく赤ちゃん〜子どもから若者〜高齢者まで様々な年代で発症します。

 

原因も様々ですが、再発しやすいという点は腸閉塞(イレウス)のひとつの特徴のようです。

 

特に腸の癒着が原因となっていた場合は、再発の可能性も40%を超えるとも言われています。

 

そもそも腸閉塞(イレウス)は、様々な原因により腸の働きが弱くなっていることで生じるものです。

 

ですから、弱くなっていた腸の働きが改善しない限り、再発しやすいのです。

 

さらに腸閉塞で手術を行なった場合には、以前よりも腸の働きは悪くなりやすいですから、麻痺性のイレウスとして再発する例が多いようです。

 

では、再発を予防にするにはどうすればよいのでしょうか?

 

それには、毎日のお通じを理想に近づけることです。

 

快便は腸がしっかりと働いている証拠であり、そのようにしっかり動いているなら、内容物も詰まりにくくなりますから、腸閉塞が再発する可能性も低くくなります。

 

実際に、糞便性イレウスというものがあり、便秘が続くだけでも腸閉塞になってしまう場合があるのです。

 

激しい腹痛や嘔吐の伴うとても苦しい症状は、本人も家族も二度と経験したくないものです。

 

予防については、毎日の少しの心がけで実践できることが多いですから、ぜひ継続していきましょう。

 

理想のお通じをつくるのは生活習慣

 

カイテキオリゴ糖

 

ところで、便秘を予防して理想のお通じをつくる上で注意すべき点があります。

 

それは、出にくいからといって下剤や浣腸を使って出すのは、腸閉塞の再発予防としては効果が低いということです。

 

なぜなら、下剤や浣腸はたまった便を強制的に排出するものですから、腸の働き自体を改善することにはつながらないからです。

 

もちろんひどい便秘のときには、一時的な手段として下剤や浣腸を使用すべきですが、その効果には限界がありますし、長期間使っていると段々と効かなくなっていきます。

 

やはり腸自体を活発に動かさなくては、再び癒着したり、麻痺により腸閉塞の再発を招きやすくなってしまいます。

 

それを予防するには生活習慣に気をつけなくてはなりません。

 

夫婦でヘルシーな食事

 

以下のような生活習慣は理想のお通じにつながり、イレウスの再発予防に役立ちます。

  • 毎日30分程度のウォーキング
  • 腸を刺激するマッサージや体操
  • 消化の悪い食べ物を避けること
  • 食べ過ぎないこと
  • よく噛んで食べること
  • 水分をよく摂ること
  • ストレスをためないこと

 

一番のお勧めはオリゴ糖習慣

 

カイテキオリゴ糖

 

お通じを良くし、腸閉塞(イレウス)の再発を予防する上で一番のおすすめが、毎日オリゴ糖を摂取することです。

 

オリゴ糖は腸内のビフィズス菌のエサとなるので、ビフィズス菌を活発にして増やしてくれます。

 

そのようにしてビフィズス菌が増えることで、以下のような効果が生じ、お通じを理想に近づけてくれます。

 

オリゴ糖は、世界中の研究でも便秘の消費に効果的であると判断され、日本では「特定健康用食品(トクホ)」として認定されています。

 

腸内環境を整える

 

ビフィズス菌が腸内に増えると、悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が減少していきます。悪玉菌というのは便秘体質をつくる元凶ともいえる存在です。悪玉菌が多いと腸内はアルカリ性になり、腸の働きが抑制されます。それだけでなく、悪玉菌の出すアンモニアやインドールなどの有毒性のガスが腸壁を荒らして、腸の機能にダメージを与えるのです。このような健康に有害な悪玉菌も、ビフィズス菌などの善玉菌を増やすと、必然的に勢力が衰えて減少していき、腸内環境は理想的な状態へと整えられていきます。

 

腸を刺激し活発にする

 

ビフィズス菌が活発になると、酢酸や乳酸、ギ酸などの酸を腸内で産生するようになります。この酸は腸に刺激を与え、蠕動運動と呼ばれる収縮運動を促進させる効果があります。その結果、便は出口に向かって送り出されやすくなり、詰まりにくくなるのです。

 

腸管内に水分を呼びこむ

 

ビフィズス菌が増えると、それが産生する酸を希釈するために腸管内に水分が呼び込まれやすくなります。そうすると、水分不足で固く出にくくなっていた便も軟らかくなって出やすくなります。これもお通じを良くすることにつながります。

 

オリゴ糖はほんのりした甘さがあるので、毎日おいしく簡単に続けられる点も大きなメリットです。

 

食べ方としては、そのまま食べても、さらにはコーヒーやミルクなどのドリンクに溶かしても、おいしくいただけますし、様々な料理に混ぜるのも良い方法です。

 

カイテキオリゴ糖
↑オリゴ糖の使い方は様々。飲水や納豆・味噌汁に入れることも可能です。

 

妻の母もこの習慣をはじめてから、毎日快腸です。おかげで一度入院して以来は腸閉塞は全く再発していません。

 

もちろん予防としての効果には個人差があり、それぞれ原因や体質も異なりますから必ず再発が起きないというわけではありませんが、腸を元気にするという点では優れた方法と言えると思います。

 

なお、オリゴ糖=砂糖という認識を持っている人が多いですが、砂糖は快便効果がない、カロリーが高い、甘みが強いことに対して、オリゴ糖は、腸内環境を改善する、カロリーが砂糖の1/4、血糖値を上昇させないといった特徴があります。

 

ヨーグルトよりもオリゴ糖が優れている理由

オリゴ糖をかけたヨーグルト

 

腸内環境を整える食べ物と聞くと、まずヨーグルトを思い浮かべる人が多いことと思います。

 

しかし、ヨーグルトを食べても思ったように効果が出ないと感じる方も多いようです。

 

その理由は、外部から取り入れた乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が体内に定着しにくいためです。

 

なんと、90%の乳酸菌は腸にたどり着いた時点で死滅してしまいます。

 

また、善玉菌は人それぞれに合う合わないがあるらしく、自分に合わない菌の含まれたヨーグルトをいくら摂り続けても、なかなか効果を実感できないというケースがあります。

 

オリゴ糖の場合は、もともとその人の腸内に定着しているビフィズス菌に対して、栄養を与えて活発化するのですから、善玉菌を増やす確実さの点で優れています。

 

このように元から存在する善玉菌を活発化する手法はプレバイオティクスと呼ばれて、欧米では主流になっています。

 

ですから、これまでヨーグルトを食べてきたけどなかなか理想的なお通じにならないという方は、一度オリゴ糖を試してみることをオススメします。

 

さらなる理想を言えば、自分のお腹に合うヨーグルトを見つけて、それにオリゴ糖をかけて食べるなら、腸内環境を整える点では万全といえます。

 

オリゴ糖の選び方

 

オリゴ糖はバナナやとうもろこしなど様々な食材に含まれてはいますが、十分の量を毎日摂取するには、やはりサプリメントで摂取するのがオススメです。

 

サプリメントといっても、市販のシロップ上のものもあれば、通販の粉末・顆粒のタイプもあります。

 

オリゴ糖の効果的な選び方のポイントは下記です:

 

@ オリゴ糖の配合量が多いものを選ぶ
→配合量が高ければ高いほど高品質であり、効果が強いと言われています。

 

A 添加物や砂糖無添加のものを選ぶ
→添加物は殺菌作用が強いため、腸内の善玉菌を殺してしまう場合があります。
また、砂糖は、余分なカロリーの摂取となり、血糖値を上昇してしまう可能性があります。

 

B 配合されているオリゴ糖の種類が多いものを選ぶ
→オリゴ糖には、複数の種類があります。
数多く存在する善玉菌には、好みのオリゴ糖とそうでないものがあります。
なるべく多くの種類のオリゴ糖を配合している商品を使うことで、善玉菌への働きかけがよくなります。

 

C 難消化生のものを選ぶ
→オリゴ糖には「消化性」と「難消化性」の2種類があります。
小腸で吸収されず、大腸に直接たどり着ける「難消化性」のほうが効果的だと言われています。

 

D 粉タイプのオリゴ糖を選ぶ
→現在市場に出回っているオリゴ糖は、粉末、顆粒、シロップの3つの種類です。
純度が最も高く、不要な添加物が使われていない粉タイプが最も良質なものとなります。

 

オリゴ糖のサプリメントは栄養成分表示を公開しているので、上記5つの条件を満たしているのか確認をしてみてください。

 

腸閉塞予防のおすすめオリゴ糖のご案内

 

カイテキオリゴ糖

 

日本で販売されているオリゴ糖で上記の5つの条件を満たしている商品は「カイテキオリゴ」のみとなります。

 

近くのスーパーなどにはシロップ状のオリゴ糖が置かれていますが、腸閉塞の再発を予防する目的であれば、やはり健康食品として製造された純度の高い粉末タイプが良いでしょう。

 

ちなみにシロップタイプは余分な甘味料や水分が含まれているため、オリゴ糖自体の含有量は10%〜40%程度となっています。

 

以下の「カイテキオリゴ」というオリゴ糖食品は、長い間日本で一番売れているオリゴ糖として高い評価を得ています。

 

公式サイト

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

カイテキオリゴの優れている点は、不純物が含まれておらず、純度ほぼ100%であるということです。

 

もう一つは、数種類のオリゴ糖が腸内環境を整えるための最適な割合でブレンドして製造されているという点です。

 

こうした特徴があるからこそ、毎日のお通じを理想の近づける上で、高い効果を期待できるのです。

 

そして、腸閉塞(イレウス)の再発を予防する上で強い味方となってくれるでしょう。

 

腸閉塞にかかってしまった妻をきっかけに、現在、私も妻もカイテキオリゴを毎日食べていますが、その効果の体験談も別途記事で記載していますので、よろしければこちらよりどうぞ↓
カイテキオリゴの口コミ体験談

 

カイテキオリゴの公式掲示板でも、子どもからお年寄りまで購入者の喜びの声が毎日のように掲載されています。公式掲示板はこちら

 

その幾つかをご紹介します。

 

おー神様、『カイテキオリゴ』という感じです。というのも、1ヵ月に1〜2回のペ−スで地獄の苦しみが…

 

結果、腸閉塞になり、『カイテキオリゴ』にめぐり合い、まさに、『カイテキオリゴ』は私の神様になりました。

 

今では、朝の1杯の甘ーい神様で始まり、白湯でご飯を食べて、胃腸がさわやかになり、活動的な1日を送っています。

 

ありがとうございます。( 埼玉県 大宮オヤジ様 )

 

9月から飲み始め、今、朝1回の便が出る安心感を心より感謝です。

 

3年前腸閉塞で入院し下剤でまったなしの下痢でストレスがたまる日々。
北の大地の天然オリゴ糖『カイテキオリゴ』を娘にすすめられ、あれから〜

 

ホッと神経が休められる日々を送っています。ありがとうございます。(大阪府 O.J様)

 

カイテキオリゴの公式サイトはこちら

 

オリゴ糖以外のおすすめの便秘改善方法

 

オリゴ糖を毎日摂取するのと同時に実施すると相乗効果が得られるのは、食事の改善です。正しい食生活と一定量の水の摂取は、便秘改善における基本のキです。

 

その中でも特に大切なのは、乳酸菌食物繊維の摂取です。オリゴ糖と並んで、腸内環境改善の3大原則となります。

 

そんな私も、食事法を実施し始めてから、驚くべき快便になりました。

 

@ 乳酸菌豊富!朝食にヨーグルトとフルーツを食べる

 

カイテキオリゴ糖

 

ヨーグルトは、ビフィズス菌アシドフィルス菌などといった腸内環境を整えてくれる善玉菌を含んでいます。こちらのヨーグルトにオリゴ糖と、ビタミンC・食物繊維・たんぱく質分解酵素などを持っているフルーツを加えることで、腸がよりよい刺激を受けます。

 

おすすめのヨーグルトは、砂糖不使用のプレーン。こちらにオリゴ糖を加えることで、ほんのりとした甘さが出てきます。もうちょっと甘みが欲しい場合は、蜂蜜を入れるといいでしょう。

 

フルーツに関しては、バナナ、キウイ、オレンジ、アボカド、ブルーベリー・ベリー(冷凍でもOK)が特に栄養価が高いので、毎日ローテーションで摂取することをおすすめします。

 

A 食物繊維を摂る

 

カイテキオリゴ糖

 

食物繊維は、腸内に溜まる便を柔らかくし、出しやすくする作用があります。例えば、食物繊維がたっぷり含まれているさつまいもを食べるとオナラが出るのは、便を柔らかくするためのガスが発生するためです。なお、食物繊維が不足すると、便が硬くなり、出にくくなるという現象が起こります。

 

私たちが1日に必要としている食物繊維の量は、男性は20g以上、女性は18g以上(18〜69歳)です。

 

食物繊維を多く含んでいる食材は、根菜・果菜・きのこ類です。特におすすめしたいのは、納豆(100gに含まれる食物繊維の量は6.7g)、モロヘイヤ(100g/5.9g)、ごぼう(100gに含まれる食物繊維の量は5.7g)、オクラ(100g/5g)、ブロッコリー(100g/4.4g)、エリンギ(100g/4.3g)、しめじ(100g/3.7g)、しいたけ(100g/3.5g)、かぼちゃ(100g/3.5g)、たけのこ(100g/3.3g)、そら豆(100g/2.7g)里芋(100g/2.3g)、さつまいも(100g/2.3g)、れんこん(100g/2g)です。

 

こちらは、野菜中心ですが、玄米(100g/3.0g)やそば(100g/3.7g)、パスタ(100g/4.3g)にも食物繊維が含まれていますので、野菜と炭水化物をバランスよく摂取するといいでしょう。

 

最後に、おやつ感覚で食べられるドライフルーツ(プルーン、レーズン、ドライクランベリーなど)、ナッツ(アーモンドやカシューナッツ)、種(かぼちゃ、ひまわりなど)も食物繊維が豊富なことで有名です。ケーキやポテチの代わりにこれらを積極的に食べることで腸内環境が整ってくれます。

 

B水を飲む

 

カイテキオリゴ糖

 

1日の大人の水の摂取量の目安は2L~2.5Lです。こちらは、お茶や清涼飲料などを含めず、純粋な水だけの量です。例えば、コーヒー頻繁に飲む方だと、コーヒーの脱水作用から体を守ってあげるために、より多くの水を飲んでカバーしてあげる必要があります。

 

体内で水が不足してしまうと、食物繊維不足と同様に、コロコロタイプまたは太くて細いタイプの硬い便となり排泄が難しくなります。

 

私は、毎日2Lの水のノルマをかかげていますが、バタバタした日などにはノルマに達しない場合があります。その次の日の便は、まさに硬く、ポロポロしていて出が悪い・少ししか出ないという症状が起きます。

 

このように、1日でも食物繊維や水を摂取することをさぼりがちになってしまうと、便に即座の反応が出るのです。

 

まとめ

 

腸は人間の免疫の7割を担っていると言われているとても大事な器官です。

 

快便を通じて腸閉塞をはじめとする腸の病気の予防だけではなく、がん予防体の免疫力の上昇、血液の汚れの予防、美容若返りに繋がるなど、たくさんの効果を得ることができます。

 

腸閉塞になる前に、普段から便秘の解消を心がけることをおすすめします。