腸閉塞の再発を予防

再発しやすい腸閉塞(イレウス)

今すぐ試してみてください。
これが腸閉塞の経験者が泣いて喜んだスッキリの魔法です!

 

腸閉塞の再発を防ぐ腸内環境サプリメントこちら

 

病院の点滴

私の母は、腸閉塞(イレウス)と診断された時には既にゲッソリと痩せて、憔悴しきっていました。

 

3日間、嘔吐と何も食べられない状態が続いていたので無理もありません。

 

その上、我慢強い人だったのに、腹部の断続的で刺すような痛みのために、顔をゆがめて泣きそうな顔で苦しさを訴えていました。

 

母は高齢でもあり、介護の必要なほど身体機能が弱っていたので、妻も一時は最悪の事態を覚悟したようです。

 

その後、2週間の入院でなんとか回復しましたが、本人にとっても、世話をする家族にとってもかなりきつい体験でした。

 

しかし、担当の医師の話によれば、腸閉塞は再発しやすい病気だそうです。

 

それを聞いて「こんなきつい思いを再びしなくてはならないのか。」と、暗い気持ちになってしまいました。

 

再発を予防する鍵は快便にあり

腸閉塞(イレウス)は、高齢者だけでなく子どもから大人まで様々な年代で発症します。

 

原因も様々ですが、再発しやすいという点は腸閉塞(イレウス)のひとつの特徴のようです。

 

特に腸の癒着が原因となっていた場合は、再発の可能性も40%を超えるとも言われています。

 

そもそも腸閉塞(イレウス)は、様々な原因により腸の働きが弱くなっていることで生じるものです。

 

ですから、弱くなっていた腸の働きが改善しない限り、再発しやすいのです。

 

さらに腸閉塞で手術を行なった場合には、以前よりも腸の働きは悪くなりやすいですから、麻痺性のイレウスとして再発することが多いようです。

 

では、再発を予防にするにはどうすればよいのでしょうか?

 

それには、毎日のお通じを理想に近づけることです。

 

快便は、腸がしっかりと働いている証拠であり、腸がしっかり動いているなら、内容物も詰まりにくくなりますから、腸閉塞が再発する可能性は低いということになります。

 

実際に、糞便性イレウスというものがあり、便秘が続くだけでも腸閉塞になってしまうことがあるのです。

 

理想のお通じをつくるのは生活習慣

ところで、理想のお通じをつくる上で注意すべき点があります。

 

それは、便秘だからといって下剤や浣腸を使って出すのは、腸閉塞の再発予防としては効果が低いということです。

 

なぜなら、下剤や浣腸はたまった便を強制的に排出するものですから、腸の働き自体を改善することにはつながらないからです。

 

もちろんひどい便秘のときには、一時的な手段として下剤や浣腸を使用すべきですが、その効果には限界がありますし、長期間使っていると段々と効かなくなっていきます。

 

やはり腸自体を活発に動かさなくては、再び癒着したり、麻痺により腸閉塞の再発を招きやすくなってしまいます。

 

腸の働きを活発にするには、生活習慣に気をつけなくてはなりません。

 

夫婦でヘルシーな食事

 

以下のような生活習慣は理想のお通じにつながり、イレウスの再発予防に役立ちます。

  • 毎日30分程度のウォーキング
  • 腸を刺激するマッサージや体操
  • 消化の悪い食べ物を避けること
  • 食べ過ぎないこと
  • よく噛んで食べること
  • 水分をよく摂ること
  • ストレスをためないこと

 

一番のお勧めはオリゴ糖習慣

お通じを良くし、腸閉塞(イレウス)の再発を予防する上で一番のおすすめが、毎日オリゴ糖を摂取することです。

 

オリゴ糖は、腸内のビフィズス菌のエサとなるので、ビフィズス菌を活発にして増やしてくれます。

 

そのようにしてビフィズス菌が増えることで、以下のような効果が生じ、お通じを理想に近づけてくれます。

 

腸内環境を整える

ビフィズス菌が腸内に増えると、悪玉菌と呼ばれる腸内細菌が減少していきます。悪玉菌というのは便秘体質をつくる元凶ともいえる存在です。悪玉菌が多いと腸内はアルカリ性になり、腸の働きが抑制されます。それだけでなく、悪玉菌の出すアンモニアやインドールなどの有毒性のガスが腸壁を荒らして、腸の機能にダメージを与えるのです。このような健康に有害な悪玉菌も、ビフィズス菌などの善玉菌を増やすと、必然的に勢力が衰えて減少していき、腸内環境は理想的な状態へと整えられていきます。

 

腸を刺激し活発にする

ビフィズス菌が活発になると、酢酸や乳酸、ギ酸などの酸を腸内で産生するようになります。この酸は腸に刺激を与え、蠕動運動と呼ばれる収縮運動を促進させる効果があります。その結果、便は出口に向かって送り出されやすくなり、詰まりにくくなるのです。

 

腸管内に水分を呼びこむ

ビフィズス菌が増えると、それが産生する酸を希釈するために腸管内に水分が呼び込まれやすくなります。そうすると、水分不足で固く出にくくなっていた便も軟らかくなって出やすくなります。これもお通じを良くすることにつながります。

 

オリゴ糖はほんのりした甘さがあるので、毎日おいしく簡単に続けられる点は大きなメリットです。

 

そのまま食べても、コーヒーやミルクなどのドリンクに溶かしても、おいしくいただけますし、様々な料理に混ぜるのも良い方法です。

 

妻の母もオリゴ糖習慣をはじめてから、毎日快腸です。おかげで一度入院して以来は腸閉塞は全く再発していません。

 

ヨーグルトよりもオリゴ糖が優れている理由

オリゴ糖をかけたヨーグルト

腸内環境を整える食べ物と聞くと、まずヨーグルトを思い浮かべる人が多いことと思います。

 

しかし、ヨーグルトを食べても思ったように効果が出ないと感じる方も多いようです。

 

その理由は、外部から取り入れた乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が腸の中に定着しにくいためです。

 

また、善玉菌は人それぞれに合う合わないがあるらしく、自分に合わない菌の含まれたヨーグルトをいくら摂り続けても、なかなか効果を実感できないということがあります。

 

オリゴ糖の場合は、もともとその人の腸内に定着しているビフィズス菌に対して、栄養を与えて活発化するのですから、善玉菌を増やす確実さの点で優れています。

 

このように元から存在する善玉菌を活発化する手法はプレバイオティクスと呼ばれて、欧米では主流になっています。

 

ですから、これまでヨーグルトを食べてきたけどなかなか理想的なお通じにならないという方は、一度オリゴ糖を試してみることをオススメします。

 

さらなる理想的を言えば、自分に合うヨーグルトを見つけて、それにオリゴ糖をかけて食べるなら、腸内環境を整える点では万全といえます。

 

おすすめオリゴ糖のご案内

オリゴ糖はバナナやとうもろこしなど各種食材に含まれてはいますが、十分の量を毎日摂取するには、やはりサプリメントで摂取するのがオススメです。

 

近くの食料品店でもシロップ状のオリゴ糖が売られていますが、腸閉塞の再発を予防する目的であれば、やはり健康食品として製造された純度の高いオリゴ糖が良いでしょう。

 

中でも、以下のカイテキオリゴというオリゴ糖食品は、長い間日本で一番売れているオリゴ糖として高い評価を得ています。

 

公式サイト

 

カイテキオリゴの公式ページはこちら

 

カイテキオリゴの優れている点は、不純物が含まれておらず、ほぼ純度100%のオリゴ糖であるということです。

 

もう一つは、数種類のオリゴ糖が腸内環境を整えるための最適な割合でブレンドして製造されているという点です。

 

こうした特徴があるからこそ、毎日のお通じを理想の近づける上で、高い効果を期待できるのです。

 

そして、腸閉塞(イレウス)の再発を予防する上で強い味方となってくれることでしょう。

 

カイテキオリゴについて、さらに詳しくお知りになりたい場合は、以下のリンクをクリックして公式ページへアクセスしてください。

 

カイテキオリゴの公式ページはこちら